「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2009年06月17日

顔のない仏像

タイのアユタヤに行って来た。

人通りは少なく静かで町の至る所に遺跡が建っている。


きれいだなぁとか、かっこいいなとか
こんな所に住めたら気持ちいいのにとか思いながらバイクを走らせる。

だけどいざ遺跡の中に入ってみるとそんなことを思っては
いけないんじゃないんだろうかって気持ちになってくる。

だって遺跡に並んでる全ての仏像には顔がないのだから。


アユタヤ遺跡"


顔のない仏像。


アユタヤ遺跡2


今から400年くらい前(たぶん)ビルマ軍に侵略されたこの町はアメリカや
ヨーロッパに高く売れるという理由だけで仏像の首を切って持って行かれたという。



そしてみんなも知ってると思うけど、

これ。

アユタヤ遺跡3

一番有名なやつね。



そしてみんなも知ってると思うけど、

こいつ。

うんこ座り


一番罰当たりなやつね。



ほんまに迷ったんやけど俺ができることって言ったらこれしかないし

ちょっとは悲しそうな仏様も笑ってくれるかなって思って、


描いてみた。


うんこ座り2


そしたらそれを見てたやつが、


描いてくれって。


うんこ座り3




他にもたくさんの遺跡を回って、

アユタヤ遺跡4


すごく人のいいゲストハウスに泊めさせてもらって、

食堂のおっさんのおごりでビールいっぱい飲ませてもらって、

ゲイにちんこ(ズボンの上から)触らせるとラム酒一瓶くらい飲ませてくれて、

車で町を案内してくれてめちゃくちゃ楽しかった。


なんといってもびっくりするくらいアユタヤの人は陽気でやさしい。


俺らは侵略とか戦争だとかとは無縁の国と時代に生まれてその中で
何不自由なく暮らしているのにも関わらず、仕事が嫌だとかこの先
心配だとほんまにしょうもないことで悩んでる。

それにくらべて侵略されて自分たちが大切にしているものをぶっ壊されて、
それでも俺らに優しく接してくれるアユタヤの人たちはほんまに
心優しい人たちなんだなぁって思えるんです。



「あれが昔ぶっ壊された東京タワーの跡だよ。」

「こっち来て日本酒でも飲むかい?」


そんな言葉俺は言えるんだろうか?


posted by おっくん at 14:56| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も言えるのかな?
笑えるかな?

私は小さい人間だ…
Posted by at 2009年06月18日 02:45
コメントありがとうございます。
俺も今小さいことで本気で悩んでて、
それをひっくるめて思いっきり笑えるようになりたいなって。

どうすれば大きい人間になれるんかなぁ?
Posted by おっくん at 2009年06月18日 14:37
いや〜俺も初めてタイに行った時にスマトラ沖地震に間一髪合わないでその日はアユタヤにいってました
もちろん色々感じたし日本はまだまだって感じる部分も多くていつかは色々な世界を見たいと思ってます
このブログこうすけって言う友達に紹介してもらって見たけど感動!
すごいヤツがいるみたいなまた話し聞きたいです!
旅頑張って世界中みんな笑顔にしてください!
Posted by しま at 2009年06月29日 16:07
しまさん コメントありがとうございます!
また絶対どこかで会えるはずですよ。
必然的にね☆
Posted by おっくん at 2009年07月01日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。