「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2009年06月23日

せーぷれいらい


タムジョウ!!!(乾杯!!)

そう言ってもう2時間も飲まされ続けている。
一人一人の一杯がなぜか俺の一杯。
乾杯が全て俺一人に向かってくる。

飲んでいいの?

いぇしゅっ。

メシも食っていいの?

しゅぁー。



アジアに来てというものごちそうになることが多い。

おいしいとありがとうしかろくにしゃべれない俺を誘ってくれる。

どこで食べるご飯よりもこういった家庭料理の方がおいしい。

お返しにと似顔絵を描いて、本になるよって日本から持って来た
うんこの本を見せたらみんな喜んでもっと飲ませてくれる。

だけどみんなより一まわり大きなグラスでビールを飲ませていると
ここの人達のやさしさは俺なんかの何まわり大きいんだろうって気持ちになる。


温かいチキンスープを持って来た女の人がこう言った。

「たくさんおかわりしてね。」
「マリファナいっぱい入れてあるからね。」


ええーー!!



その後スープを俺が飲んだのかは想像にお任せして、
ただいま俺はラオスのバンビエンという村にいます。

ゆるーい感じのかなりの田舎でなんとかっていう川を眺めて
パソコンで次回作を作ってます。


先日の日記はお騒がせしました。

やはりおとんのことはブログには書かないでおこうと思います。

このことは今は自分の中に置いておこうかと。

だけど次回作には本当のことを書くつもりなので
できればそちらをチェックして下さい。


結論

俺は考えた末に3を選びました。

そして日本に帰らないと決めました。

片道20時間新しいカメラを買うだけのバス移動。
ほんまに泣きそうになった。

でも自分の納得のいくカメラでバンビエンの絶景を撮っていると
やっぱりこれでよかったのかなって思います。


バンビエンでうんこ

バンビエン チュービング


むっちゃ金なくなったけどな!!

ついて来てくれたまもるさんありがとうございました。



今回の旅は本を作る旅。

そう決めなければカメラはなんでもよかったわけだし
おとんの件も飛んで日本に帰れた。


やけどこうやってラオスの人のやさしさに触れていると
それでいいんだって思えるんです。



posted by おっくん at 21:44| Comment(5) | TrackBack(0) | ラオス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書いたらあかんて
Posted by 智規 at 2009年06月24日 02:22
弟言うてるんやから書いたらあかんで!!
Posted by ミート at 2009年06月24日 12:13
トト ギリギリ書いてないやん!!

たけ ギリギリ書いてないやん!!
Posted by at 2009年06月24日 20:31
とと ぎりぎり書いてないやん!!
たけ ぎりぎりかいてないやん!!
Posted by おっくん at 2009年06月25日 12:19
ちょっと変えてきよった!!
Posted by ミート at 2009年06月26日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。