「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2009年10月05日

ぐいぐい



ピクチャ 10.jpg


ネパールに来てもう10日。

そろそろ動かなきゃと思いつつも全く焦るそぶりはない。


富豪気分を味わえるご飯、ビール、タバコが全て無料のカジノ。
おいしいご飯に温かい人々。


旅のしょっぱちがこれやから「もうずっとここでええやん」とまで彼女は言い出している。

このままではネパールのみの本が出来上がってしまう!!と思いつつも
やっぱり全く焦るそぶりはない。



こういうだらだらした日々の生活の中にも『似顔絵』という時間はちゃんとあって、

「今日はどこに座る?」から一日が始まる。



いろいろ考えて歩くもやっぱり今日も汚い路上。

ニワトリの糞の横にうんこの看板を立て似顔絵が始まる。


IMG_1494.JPG



30分後、どう考えても周囲がおかしい。


IMG_1012.JPG

気がつけば子どもに囲まれてる!!

みんな近所の子やから当然お金なんか持ってるわけがない。


「子どもやからタダで描いたげれば?」


と彼女は言うけど、さっきお金を払って描かれたお客さんがお金ないからダメだという鋭い目線で子どもを威嚇している。



どうしよう。

一人描いたらやっぱり全員描かんとあかん。


やけどその光景を見たらせっかくお金を払ったのにとそのお客さんは嫌な思いをするに決まっている。




ぐいぐい。



そこで出た答えがぐいぐい。



なぜか彼女が囲む子どもの手に「ぐいぐい」とひらがなで書き出した。


IMG_1508.JPG


俺もたぶん彼女も意味はわかっていないけど、



そこは「ぐいぐい」だった。



…。




いえーーーーい!!!



!?



満足してる!!


ぐいぐいに満足してる〜〜!!!





2人で似顔絵をするようになって度々喧嘩になるのが貧しい子どもからお金を取るのかってこと。


彼女は子どものことを考え、

俺はお金を払ってまで似顔絵を描いてもらいたいと思ってくれたお客さんのことを考えてしまう。



値段は気持ち。

そんなわずかなことですら出来ない子どもたちに俺はどうしてあげたらいいのか。

そういう葛藤が彼女の意見を聞くにつれて強くなった。



たぶんこれからもこんな経験はたくさん続くと思う。

その答えになったのかわからないけど、今日の似顔絵はちょっと特別な物になったような気がする。




ぐいぐい〜!!!!!



別れ際、みんなで合唱する子ども達を見て、


やっぱりこれは答えじゃないな。と思った。


posted by おっくん at 00:45| Comment(0) | ネパール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。