「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2010年02月14日

バイク事故でER…


IMG_3713.JPG


『マイペイライ』

最近覚えた日本語で「大丈夫」を意味するこの言葉を
まさか今日1日でこんなに言うとは思っていなかった。


目を開けると横にゆっきんがうずくまっていた。
バイクはぶっ倒れてウインカーが割れている。

「痛い痛い。。」と頭を押さえ放心状態のゆっきん。
「大丈夫」と駆け寄ろうとしたが俺もそんな場合ではなかった。


「ちょっと待ってろ!」村の長老がどこかへ走って行った。
村中の人が集まって来て、倒れたバイクを起こしてくれた。

数分後、長老がはぁはぁ言って駆け寄って来た。
井戸まで走ってくれたのだろう、手には水を持っている。

その水で2人は血と泥を落とした。
俺もゆっきんも見事に体の右半分が傷だらけ。
長老の優しさがおもっきり傷にしみた。

IMG_3631.JPG

「マイペイライ」
「コップンカー」(ありがとう)
そう言って俺らは村を去った。


病院へ運ばれると(というか自分らで行った)俺らはERへ通された。
といってもそこまで重傷じゃなかったが。

食中毒に何度なっても決して行かなかったのに…。
と診察台の上で病院大嫌いの俺は思った。

「どうしましたか?」
「バイクでこけまして。」

「どこでですか?」
「HUAY SUE TAOって村を出てすぐの所です。」

治療を受けながら事故のいきさつをしゃべる2人。


ゆっきん10カ所。
俺11カ所。
ER中を飛び回るハエにいらつき、
あまりの痛さに悲鳴をあげながら消毒と包帯をしてもらう。


そして診察も終わり帰ろうとしたそのときだった。

新たな患者がERに運ばれて来た。
(多分彼女も自分で来たはずだが)

服が破け手足からおもっきり血を流している彼女。
しかし彼女を見て俺らはすぐにピンと来た。

なぜなら彼女も見事に右半分だけなのだ。

「どうしましたか?」
「バイクでこけまして。」

「どこでですか?」
「HUAY SUE TAOって村を出てすぐの所です。」

あそこや!!
多分俺らの後すぐや!!
絶対あの長老走ってる!!!

HUAY SUE TAOの長老が1日何回走っているのかは謎だが、
みんなにこれだけは忠告しておきたい。

『首長族は安全運転する君を首を長くして待っている。』

首長族のいるタイのメーホンソンからHUAY SUE TAO村までの道は、
悪路じゃないように見えるけど調子乗ってたらおもっきりこけるから気をつけてね!

IMG_3595.JPG

行き帰り合わせて2回こけた俺らが言える唯一のことです。


あぁ体痛い…。

帰国ももうそろそろかな…。



肝心な首長族の似顔絵写真はこのあと公開!!



posted by おっくん at 20:28| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。