「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2010年08月13日

やにっこめちゃくちゃ!!


『やにっこ』とは和歌山の言葉でめっちゃ(とても)という意味である。



「水〜〜!!!」

と暑さで起き上がる白浜テント生活も1週間が経ち、
まぁなんとか生きています。

今日の最後のお客さんはなんと元◯◯組の会長さんで、
まじで大阪堺市をまとめていた人でした。

絵描きよ。
風呂入って汚い体洗って行けや。

から始まって、

絵描きよ。
まぁたらふく食えや。

と、ご飯まで頂き、

会長さん。
王手です!!

と、なぜか向かい合って将棋まで指してしまった。


IMG_5343.JPG

さすがにお風呂で見たこともないような傷がお腹にあったときはびっくりしたけど、めちゃくちゃ人情味のあるパワフルすぎる71歳でした。


そう。

なんとか生かされている。


テントと本だけで始まったひとりぼっちの生活は、

いろんな人との出会いで奇跡的に毎日充実してきている。


「おっくんに会わせたい人がいるんよ。」

と言いながらも今さっき知り合ったばっかりの地元の子が、

飲み屋を俺に紹介する。

「おっくんよう来たな。」
「まぁ飲みよし。」

店に入るなりそっこー同い年のマスターがビールを注ぐ。

わいはええかげんやからよ、一見さんは嫌いなんじゃ。

そんなことをしゃべりながらも飲んでいると今までビーチで描いたやつらが次々と集まってくる。

「もうテントなんかたたんで明日からこの店で泊まりよし!」


えっ何この感じ?

ここ俺の地元?


いろんなやつらとおもっきりお酒を飲みながら、

やっぱり出会いって面白いんやなぁって思った。


灼熱のビーチでのテント生活。

灼熱のビーチでのながし似顔絵。


アホなことを真剣にすると面白いものに出会えるだと思う。

そのとき出会うやつはもちゃくちゃ人情があるやつなんだと思う。

そして俺ももっと人情を持って人に接したいな。


あんなけ飲んだのにまさかの1500円だった、

『ええかげん』という名前の居酒屋で、

ふとそんなことを思った。

IMG_5305.JPG



「今の若いののには人情が足りん。」

そう言って俺の目をじっと見た会長は、

だから俺に優しくしてくれたのかも知れない。


いつか俺も人に優しくできる大人になれるようにと。


posted by おっくん at 01:52| Comment(0) | 近況報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。