「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年03月17日

これから何をするのか。



初めに、今回の地震で被災をされた方々、現在被災地で苦しんでいる方々に、心からお見舞いを申し上げます。


先ほど『全額募金支援うんこin吉祥寺』でお預かりした31,984円を、
前回同様CIVIC FORCEに全額寄付させて頂きました。


振込2.jpg

振込3.jpg


CIVIC FORCE
http://civic-force.org/

ご協力頂いた皆さん本当にありがとうございました。



俺はというと、今日から仕事が始まった。

被害のなかった関西地区をターゲットに電話で次回PC購入の時期を聞く営業をしている。

今やることは本当にこれなのか?

もし架電中ににまた大きな地震が来て死んでしまったら、最後にやった仕事がこれでいいのだろうか?

そんなことを考えながら電話をかけている。



やること全てに不謹慎という言葉が頭をよぎる。


でも今自分がやることは今までやってきたことを全力でやるしかないかも知れない。

東北で今もなお苦しんでる人の分まで、全力で、1分1秒を生きるしかないと思う。

それが、東北の人たちに、そして今後の日本にとって1番大事なことと信じて。



今、出版でやらなきゃいけない仕事が2つ入ってる。

ひとつは「うんこに咲く花1」を一刻も早く作り直すこと。

もうひとつは「tabibon」という旅人50人で作る本を形にすること。


うんこやら旅やら今必要か?

不謹慎やろ!!

って思われても仕方ない。


でも俺はその先にある笑顔、ワクワク、希望、夢を信じてやろうと思う。

何千人という笑顔と、50人の旅人の熱い想いに1人でも笑ってくれる人がいると信じて。



余震や不謹慎っていう言葉なんか怖くない。

怖いのはびびって何もやらないことだと俺は思う。

もちろん被災者の人のことを一瞬でも忘れたらいけない。

その上で今やれることをやっていくしかない。




さて明日は一升瓶ナイト。

俺の元カノに彼氏が出来たことがきっかけで始まったやけ酒ナイト。

これこそやるべきではない。

今やれることでもなんでもない。

でも、だからこそやろうと思う。



一升瓶を飲めると信じているアホが集まって、いろんなことを話すときだ。

幕末の志士がそうしていたように。

そしてその話し合った結果を形にすればいいのだ。

俺たちなら形にできる。

なぜならなんでもできるって本気で思ってるやつが、

アホなんだから。


『日本酒一升やけ酒ナイト』

日付 3月18日
場所 またたび@下北沢
http://ameblo.jp/matatabi-shimokita
会費 3000円+つまみ付き
ルール 1升飲み切れなかったら+1000円

下北で一番アホなお店またたびがたぶんこれでもかって日本酒を仕入れています。
参加自由なんで我こそは日本を変えるアホやって思う方は是非。

余震はまだまだ続くようなので貴重品はお忘れなく。



本日のお酒の席でのいい言葉。

「金は稼げや、人におごれるからや。」

今こそ全力で働くとき。




posted by おっくん at 23:59| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。