「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年06月21日

夢を叶えるHDK



IMG_2174.JPG



日本を飛び出して約10日間。

ここでようやく皆さんに言えることがある。


それは、

『みんな本当にありがとう。』

ってこと。



6月11日の最後のまたたび。

東京での最後の飲み。

俺は「こんなに友達が出来てたんや!!」ってびっくりするくらいたくさんの人と乾杯してお酒を飲んだ。

持って帰られんくらい多くの餞別をもらい。

たくさんのいってらっしゃいを言ってもらった。


IMG_1849.JPG

IMG_1876.JPG

IMG_1885.JPG

IMG_1904.JPG

IMG_1909.JPG

IMG_1911.JPG

IMG_1921.JPG

IMG_1947.JPG

IMG_1956.JPG

IMG_1966.JPG

IMG_1967.JPG

IMG_1968.JPG

IMG_1974.JPG

IMG_1982.JPG

IMG_1984.jpg



だけどやっぱりごめんなさい。


2時頃からは全く記憶がない。


せっかく来てくれたのに誰としゃべって誰としゃべられんかったっていう区別すら出来ない。

まぁ最後の最後まであいつはクソやったって思ってもらえればということなのだ。

(写真に映ってない方は本当にすみません。。)




実はあの日、絶対に泣くんだろうな。という気持ちで俺はまたたびの扉を叩いた。

こんなにたくさんの仲間に恵まれたのに半年も会えなくなるからだ。

だけどその涙は結局最後まで流れなかった。



しかし、今日その涙は空港からのシャトルバスの中でこぼれ落ちた。

こぼれ落ちたら最後、止まらないくらい涙が溢れて来る。

そしてみんなの笑顔が、みんなのいってらっしゃいって言葉が俺の頭の中を駆け巡った。



それはきっと、みんなと俺の共通の友達、

そしてみんなと俺を繋ぎ合わせてくれた張本人、

HDKとの別れがあったからだと思う。



みんなのと別れも寂しいけど、俺のこころのどこかでまだ1人じゃないって想いがきっとあったんだろう。

HDKという最後の仲間の背中を見送って俺の東京生活はようやく終わったのだ。




HDKとの10日間は俺にいろいろなことを教えてくれた。

東京でも週に5日は一緒に飲んでいたが、今回は10日間ずーっと一緒。

彼女か!!ってくらい一緒なのだ。


そんな彼は俺がうんこの本以外で持って来た2冊の本のうちの1つ、『夢を叶えるゾウ』の関西弁のゾウの神様「ガネーシャ」のように俺に語りかけて来る。



『俺は金しかない。』

が口癖の彼は、


「うまいメシとええ仲間がおったら何があんねん後は。」

「酒しかないやろ!!」

「ていうても食にあんま興味ないけどな。」

『ルービーナーシー?』

と空港から宿に着いた6時半から飲み出すし。
(この日は30本を超えたあたりで警察に泊められ帰宅した。)


IMG_2061.JPG


「チキンだけは裏切れへん。」

「共食いしてなんぼや!」

『俺、酉年やもん。』

って言って毎日チキンを食ってるし。


IMG_2398.JPG


「俺は我慢しかできへん男や。」

って言ったと思ったら、

『人間我慢するもんじゃない!!』

ってまたチキン買いに行ってるし。


IMG_2398.JPG


『朝のテンションのでかさは人生のでかさや!!』

って意味不明な歌を歌って起こして来るし。



『なんでも器が大事や。』

っていって小さい器にマヨネーズを入れ、やっぱりチキンにつけて食ってるし。


IMG_2398.JPG


『人生は一回や!!』

『ほんま楽しいな!!』

って満月の下踊りまくるし。


IMG_2317.JPG


『チュチュチュチュチュチュチュチュ。』

って口で鳴らしてそこらへんの犬をすぐにホテルに連れて帰ろうとするし。


IMG_2392.jpg


「風呂上がりの匂いが好きや。」

『風呂上がりの匂いがするから女の子めっちゃ寄って来てくれる。』

って言ったのに風呂上がりの匂いの香水をつけるのを忘れてゴーゴーバーに行くし。
(案の定女の子は寄って来なかった。)


IMG_1871.jpg



うん。


途中から為になってるか、なってないかわからなくなってきたけど、

俺は彼と旅が出来て本当に楽しかったということだ。


最後の最後までお世話になってばっかりやったけど、いろんなことを勉強出来たし、おいしい酒を嫌になるほど飲んだし、腹の底から笑ったし、汗だくになるまで踊ったし、日が沈むまでぼーっともした。


確かに彼は美容師だし、世界一周しながら髪を切っていたし、代官山にお店もあるようなすごい人だけど、

彼に人が寄って来る本当の理由が一緒に行動してみて少し解った。

それが、


IMG_2249.JPG


この笑顔なのかもしれない。

代官山で働いてるような人がでっかいバッタを捕まえただけでこんな笑顔になるか普通??



そしてあっという間に楽しい日々は過ぎ、別れの時が来た。



そんな彼が最後に俺に言ったのは、


『半年間絶対帰って来んなよ。』

だった。



あぁ。

俺って本当にいい仲間に恵まれているんだな。


そらバスのなかで泣いてまうやろ。。



『俺には仲間しかおらん。』

この旅はそう噛み締めながらしようかな。



P.S.

HDKありがとう。

次は『夢を叶えるHDK』を書籍化するために、こっちから取材費を払って旅が出来るようになるまで頑張るんでそのときは宜しく!!

そしておっくんがいないと寂しいって泣いている日本の大切な仲間を宜しく〜!!


IMG_2379.JPG





posted by おっくん at 23:07| Comment(0) | タイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。