「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年07月09日

華のパリで血だらけの俺?



IMG_2848.JPG



バンコクの仲間に見送られ、空港でチェックインを済まし、飛行機に飛び乗ったのが朝の8時50分。(バンコク時間)

そこからデリーで飛行機を乗り換え、パリに到着したのが夜の10時だった。(こっちの時間)


俺は一体、何時間飛行機に乗っていたのだろうか?

それにしてもエアーインディアの機内食けっこういけるやん!!


そんなことを考えながら流れて来たバックパックを担ぎ、

ふとあることに気づく。



『一体どうやってスペインのパンプローナにいけばいいのか?』


俺、

なにも調べてなかったぜ!!!!!

あの暴飲暴食暴ビリヤードが少し悔やまれた。


空港内を何時間も彷徨い、あらゆる人に声をかけ、

出た答えが、

「電車でいったらええやん。」

だった。


「もっと安い行き方あるけどね。」


気持ちよくいかせろや!!

と叫びたくなるような、付け加えなくてもいい言葉を最後の最後に付け加えられたが、俺はその黒人の言葉を信じて国際線がある駅をバスで向かうことにした。


バス停でから駅に向かい、今日はもう電車がないよと言われ、仕方ないから今日はこの駅で寝ようかと思ったその時、俺はまたある事に気づく。


『HDK枕がない!!!』


「HDK枕」とは10日間のタイ旅行(詳しくはこちら→http://unkonisakuhana.seesaa.net/article/211139713.html)というのに完璧なまでの用意をしてきていたHDKが飛行機や長距離バスなどの移動中、必ず首につけていた座っていても寝やすい枕である。



IMG_3625.JPG


これ。(使い方は違うけど)


バスに乗った瞬間、彼はそれを膨らまし(持ち運びが便利なようにいつもはしぼんでいる)、自分の準備の良さを俺に見せつけながら気持ち良さそうに寝るのである。


実は俺はそれを狙っていた。

彼がバンコクを飛び立つ時、いらない旅グッズをくれるんではないかと予想し、常に、しかしごく自然にそれを羨ましそうに見るのをかかさなかった。


洗濯ひも。

洗濯ネット。

ボディーショップのいい匂いのやつ。

日に日にHDKのバックから俺のバックへと移って行く旅グッズ。


しかし「HDK枕」に関してはいつになっても移籍交渉成立にはいたらず、

きっと帰りの飛行機の中で自分の準備の良さを他の乗員に見せつけながら気持ち良さそうに寝るんだなぁ。と諦めるしかなかった。



しかし!!!!!


最後の夜のゴーゴーバーに行ってきた後、HDKはバックパックからあの枕を取り出したのである。


こ、このタイミングで…

もしかして…


くれるのか…?

それともそれで寝るのか…?

明日取り出しやすいようにベスポジに準備するのか…?


俺は欲しいオーラ全快で彼の行動を固唾をのんで見守っていた。


すると。


「おっくんこれいるか??」


えっ!!!!


「準備して来ためっちゃ寝やすい枕いるか!?」


キターーーーーーーーー!!!!



という「HDK枕」がないのである。

きっとバス停で上着を出したときだ!!

俺は急いでバックを背負いバス停へと向かった。

バックが重いため走る事は出来ないが出来る限り全力で早歩きをした。


そのときである。


パキーーン!!!!

という音と共に左足からガラスの破片が飛び散った。

そして、

ザックーーー!!!

という音と共に俺の左足の裏に激痛が走った。


空き瓶を踏んだのである。


『ザックジャパーーーーーーン!!!』


その瞬間、俺はそう大声で叫び、今後のザックジャパンのフォーメーションが頭の中を走馬灯のように駆け巡った。

香川と長友の成長。
本田のフリーキック不振。
遠藤や松井の年齢。
宮市や宇佐見への期待。
川島のどや顔。

色んな面を見越して最高のフォーメーションが出来たはずだった。


しかし俺の左足からはそんな一流サッカー選手達が絶対するわけがないような、ほんまにしょうもない事故により、ガラスが突き刺さり血がボトボト垂れていた。


そして、「HDKとお揃いサンダル」が見るも無惨な姿になっていたのだ。


「HDKとお揃いサンダル」とはという説明はまた長くなるのでやめておくが、

血だらけの足を引きずりながら向かったバス停に「HDK枕」はなかった。


俺は華の都と呼ばれるパリのバス停でiPhone4に続きHDKとの思い出の品が2つもなくなってしまったことにショックを受けつつ、これからのヨーロッパの旅が壮絶な物になるんじゃないかという絶望感に見舞われながら、ボタボタ垂れる血を止血するしかなかった。


そう、


「HDKタオル」で。


「HDKタオル」とはという説明はまた長くなるのでやめておくが一言だけ言っておく。






IMG_2028.JPG




英樹さんごめん!!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


次回、「宿がなけりゃ牛は追えぬ?」をお送りします。
気になる方だけこちらをくりっく!





posted by おっくん at 23:15| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。