「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年07月11日

宿がなければ牛は追えぬ?



答え。

そんな事はない。


血だらけの足はHDKタオルのおかげでなんとか止血が出来、

朝一の直通のバスに乗って俺はパンプローナを目指す事になった。



途中止まった駅で、なぜか俺の車両の人がみんな降り、

俺もつられて降りたら電車は走りだし、

降りる駅を間違えたと気づいた俺が尋ねた人は違う駅を紹介し、

その違う駅からくそほど歩いたバス停からまた金を出して、

14時間後やっとパンプローナに到着した。

本当は6時間で着くらしい。



そんな困難を乗り越えて(俺が悪い)

宿も何の情報もなくパンプローナにやって来たのが1週間前。

とりあえずバス停のロッカーにバックパックを預けた俺は、

何のあてもなく街を彷徨う事にした。


うんこと書いた紙を持って。



そのうんこ(正確には「おいで」という文字)に食いついてくれた2人の日本人。

山口県の大学から姉妹都市であるパンプローナの大学に留学しているとの事だった。



IMG_2875.JPG


しょうこ(右)とあつこ(左)



「もしかして日本人ですか?」


そう尋ねて来た彼女達に俺は遠回しもくそもなく、『どこに泊まってるの?』と尋ね、

次の瞬間には、『泊めて欲しい。』とお願いをしていたと思う。


そして2人はなんのためらいもなく了承をしてくれた。


2日間はしょうこのシェアーハウス。

そして今はあつこの街全体が見渡せるアパートの8階で生活をさせてもらっている。


うん。


なんとも図々しい。



さて、


俺にはこんな奇跡が起きたから、宿がなくても牛は追えるんだって思っているそこの君。


そんなことはない。


そんなことはないのでる。



SAN FERMINというお祭りの一番面白いとこはそこにある。


『牛を追う。』

なんてのはこの祭りの2%くらいにしか過ぎない。


牛に追われる時間は2分くらい。

こんなけの人が集まっているのになんと2分なのだ。


その他の時間、人々は酒を飲み、歌い、踊り、マリ◎ァナを吸い、また酒を飲む。


IMG_3020.JPG

DSC00294.JPG

IMG_3109.JPG

DSC00323.JPG

DSC00224.JPG

そして疲れたら、至る所で寝る。


DSC00241.JPG

IMG_2959.JPG


そして起きたところで「牛を追う」のだ。


IMG_3221.JPG



みんな赤と白の服を来て。




だから宿がないっておどおどしなくても、とりあえずロッカーに荷物をあずけ、酒を飲んでその辺に交ざって騒いでいれば、そのうち牛を追えるようになって来る。



だから来年はみんなも是非!!!!



そして、


『肝心な牛追い祭りの詳細については次回!!!!』



と言いたいところだが、書かないことにした。



気になる方は『うんこ3』をお楽しみに☆






おおーい!!


と、思ったみなさん。


次回牛追い祭りなんかよりもっとおもしろいことを書く。



ヒントはこのふたり。


IMG_3266.JPG



このふたりの一日に密着したんだ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


次回『フェスの路上は猛者ばかり!?』をお送りします。
気になる方だけくりっく!




posted by おっくん at 23:15| Comment(0) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。