「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2012年01月17日

オンザロード2


DSC01503.JPG



「あれ、おっくん帰ってきたの?」

『俺、さとしさんに置いていかれたみたい。』


俺は見送りに来てくれていた西やんの車でオンザロードのアジトに帰ってきた。


後で聞いたところさとしさんが西やんに俺を待っといてくれるよう頼んでいたらしい。

何が取れてなかったみたいや。

確信犯やんけ!!



「ということで前代未聞のいたずらをされまして。」

「何か手伝うことはないですか?」


俺は事情を話し、みんながメッセージを書く木札をヤスリで削る作業を与えてもらった。




3日前はタイ。

2日前は東京。

そして今石巻で永遠と木札を削っている。


俺の人生ってなんなんやろ?

いろんなことを考えながらもそれはそれでなんだか楽しかった。




DSC01567.jpg


「さすがさとしやな。」

いろんな人がさとしさんのいたずらを聞いて笑っている。

いやいやされた俺の身にもなってや!と思いながらも、

それでこそ「さとしさん」なんやなって悔しいながらも思っている俺がいた。



あの人の頭の中は面白いか面白くないかで出来ているのかもしれない。

本当にそんなシンプルなことなんだと俺は思う。

でも言ったことはやりきるし、

発想や決断力にかけては俺なんか足下にも及ばない。

そして彼はそれをうまいことやりきるのである。

ほんまにうまいこと。

見てて気持ちいいくらいな。



事実、震災があってすぐあの人は石巻に向った。

出来たばかりの店、生まれたばかりの子、奥さん、そして俺ら。

全てをほったらかして3ヶ月間復興に向って突っ走った。

そしてその行動にみんな着いていくようになる。


それを見て俺は悔しかった。

自分のやってることを全て捨てて今起こっていることに立ち向かう勇気が俺にはなかったのだ。


だから今回のこの行動もやっぱりさとしさん変わってないなって思った。

何か意味がある。

とは全く思わなかったが、

何か意味があったことに俺がしなきゃと思った。



そこに現れてくれたのが、

オンザロードのメンバーだった。



けいすけ、しんご、ネギさん、いもこちゃん、ワサスコ。

作業を終えてから俺らは飲んだ。


旅の話から始まってビーチロックの話やオンザロードの話。

これまでの復興の話や福島の現状の話。

今後の日本の話やどうしようもないくらいあほな話。



ほとんど俺より年下やのに、

めちゃくちゃしっかりしてて、

視界はずーと前を見てて、

何が起ころうともすんなりやり遂げてしまうような、

自信満々な感じがした。



うん。

俺も負けたくない。

みんなと飲んでいて心からそう思った。


そして、

日本の酒、うっまーーーー!!

負けたくないと同じくらいそう思った。




あぁ。

これをさとしさんはしたかったのか。

人見知りの俺に、自分で何とかしろと言っていたのか。

そうは思いたくはなかったけど、

みんなで熱い話しながら飲む酒がうまかったら、

もう別になんでもええかと思った。




DSC01575.JPG


そして次の日。

俺は西やんの携帯を借り自分で東京行きのチケットをとった。

本当に短かったし、全く役にも立ってないと思うし、あんまりみんなとしゃべりもしなかった。


でも、

本当に申し訳ないと思うけど、


東京行きのバスが出発する15分前にみんなの想いが詰まった神輿が完成してしまう。


アジトは歓喜に溢れていた。

この神輿が出来るまでみんなどんな苦労をしてきたのかが、

その場にいた俺にもすぐにわかった。



そして、

本当に申し訳ないと思うけど、


「担ごうやないか!!」となった。



「何してんねん!!」

「おっくんも入れや!!」ってなった。




せいや!!


せいや!!


せいや!!



俺ここにいてええんかな?

って思うくらい先頭から2番目の場所でめちゃくちゃ複雑な表情をしながら、

めちゃくちゃ複雑な心境で俺は人生初の神輿を担いだ。




せいや!!!!!


せいや!!!!!


せいや!!!!!!!





バッッッキーーーーーーーー!!!!!







はい。


本当にみんなには心から申し訳ないと思うけど、



俺が持ってたところが見事に折れたよね。







あああああああああああーーーーーーー!!!!!






アジトは絶望に溢れていた。

この神輿が出来るまでみんなどんな苦労をしてきたのかが、

その場にいた俺にもすぐにわかった。





東京行きのバスが出発する5分前の話。




つづく。




またたび下北沢(さとしさんのお店)
http://ameblo.jp/matatabi-shimokita

NPO法人オンザロード
HP https://otr.or.jp



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
気になる方だけうんこをくりっく。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村






posted by おっくん at 21:03| Comment(4) | 石巻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海外の旅の本は楽しみにしてました。
ですが、震災の事を盛り込もうとするのはいかがなものかとおもいました。

震災をネタにするのは不謹慎ではないでしょうか。

なにか、部外者がはしゃいでいる様にしか受け取れません。

Posted by 福島 at 2012年01月18日 14:08
福島さん 今回の本を執筆をするにあたり、実際そのことですごく悩んでいました。
でも俺が見たものや感じたものを正直な文章で書こうということになっています。
ネタにしていると思われるような本にならないように頑張ります。
Posted by おっくん at 2012年01月18日 16:39
帰ってきてからも素敵じゃないか!

うんこのブログで
悔しいけど

泣いて、笑って、
マジ感動したわ。




さとしさんのいたずらに。
Posted by ひでまん at 2012年01月18日 17:53
ひでまん いやいやひでまんさんこそ熱い話ありがとうございました。
最後知らん間に寝ちゃってましたが。笑

これから日本を面白くしていきましょうね。

また飲める日を楽しみにしてます。
Posted by おっくん at 2012年01月19日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。