「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年12月19日

パリなんか二度と行くかボケ!!


IMG_4931.JPG



せっかくのヨーロッパ・中東の集大成という最終日。


俺が最後に出会ったのは、南京虫でした。




パリに来てからずっと雨で、

やっと似顔絵描けたら追い出されて、

だけど物価は高くて、

やっと見つけたちょい高の宿で、

うんこしたら紙がなく、

最後出会ったのが南京虫。





「パリやぞ!!!」




俺は言ったことも聞いたこともない文句で宿の管理人にキレました。




すると一言。



「◯◯号室が空いてるからそこで寝ていいよ。」




ひ、


ひっ、




ひやっほー!!!



全て通り越して、



ひやっほーーーー!!!





そら唯一撮ったパリの夜景におっさんのハゲ頭も映り込むわ!!



まあ俺らしいちゃ、俺らしい最後か。





本当はイタリアとバチカンに行きたかった俺は、

旅行会社にギリギリに行ったため飛行機も全てフルの状態で、

シェンゲンビザの日数が合わず、(あと5日しかなかった。)

渋々パリで今回の旅の最後を迎えた。




ヨーロッパ5カ国に中東4カ国。



これが本当に俺の限界だったのか。


もっといろんな場所に行き、いろんなものを見て、いろんな人と出会えたんじゃないだろうか。


もっと俺さえしっかりしてたら。。




バンコクに向う飛行機の中でいろんなことを考えた。





でも。



助けてもらった全ての人がいたから俺はここまでこれたんだな。



辿り着いたのはこれだったんだ。





ああ。


体、かゆっ!!!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま9位。
次回のブログは半年間の感謝の気持ちを文字にします。
みんなありがとうなぁ〜!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村


posted by おっくん at 16:59| Comment(2) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

芸術の都でうんこ追放


IMG_4795.jpg


10組くらい立て続けにキターーー!!!

のあと、パリのうんこデビューはあっけなく幕を閉じました。



追い出されたのです。



警察ではなく、

他の似顔絵師から。



狭い路地に30人はいるであろう似顔絵師。

そのうちのいろんな似顔絵師から出て行くように言われた。

中には俺の看板を奪い隠そうとした似顔絵師もいた。



みんなの言い分はこう。



俺らは真剣にやっているから邪魔するな。

お前が1€でやったら俺らの絵が売れへんやんか。

しかも3分て。



うーん。



俺も真剣やねんけどな。



他のアーティストたちに勝つために俺は早さと安さで勝負しようとした。


確かに似てないけど、

ちゃんと面と向って異国の人たちとしゃべるために、

目の前の人を笑かせるために、

そしてどこまで旅を続けられるのかを確かめに、

日本から勝負しに来てるねん。



勝手な話やって言われたらそれまでやけど、

それがアーティストってことなんと違うん?



みんな同じような絵描いて、

同じ金額のお金もらうことが、

パリでいう芸術なん?



それに、



IMG_4796.jpg

IMG_4801.jpg

IMG_4798.jpg

IMG_4791.jpg



この笑顔。



お金とか技術とか関係ないやん。






俺はすごい悔しかった。


でもそれはそれで別によかった。


パリの芸術家たちを怒らせれたから。


追い出されたかもしれんけど真剣にやった結果や。




もっともっと自分を磨いて、


アーティストとしてお前らよりも有名になったるからな!!!!




IMG_4833.jpg


帰りしなサルバドールダリの美術館に行ってきた。

ダリもいろんな芸術家に追放された時期があったみたい。



IMG_4827.jpg

でも彼は自分の世界を貫いた。




俺がダリみたいな偉大な芸術家になれるとは思ってない。



でもダリみたいな強いハートが欲しいと思った。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在ランキング9位。
うーんどうしよう。
行くの?行かんの?
どーすんの俺!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 22:36| Comment(4) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

芸術の都でうんこデビュー


IMG_4303.jpg



30人のコメントをフリにした俺のボケは、

まさかのドンスベりを見せつけました。


夜のバンコクを満喫し、よしおくんの家でワクワクしながらネットを開いたんですが、


ブログコメント 0
facebook イイネ 0 (現在1)
twitter RT 1
ブログランキングポイント +10

でした。



一瞬俺は目を疑いました。



俺は時を止めるスタンドを身につけてしまったんじゃないかと思い、

「ザ・ワールド!!!」

と叫んでみたりしました。



もしかしたら俺のせいで日本のサーバーが落ちてしまったんじゃないかと思い、

ブログ村に謝罪の電話をしてみたりしました。



でもどれも俺の勘違いだったようです。



「俺はただすべっただけ。」


そうよしおくんが教えてくれました。



「じ、じ、時代が俺についてきてないんやって!!!」


そう一言だけ言い残し、唇を噛み締めながら寝袋に入りました。

悔し涙で枕が濡れていました。




それにしてもみんなシビアすぎる!!!

コメント30件からの0件て!!!

泣いてまうやろ!!!



俺が強いハートの持ち主でなかったらたぶん自殺してたな。




でもこの企画。

面白かったからまたやりたいな。

そんときはまた協力お願いな。




さて、話はやっとパリに戻ります。




ルーブル美術館もそうですがパリと言えば芸術の都。

いち似顔絵師としてヨーロッパ最後の地を芸術の都に持ってきているところが我ながら憎いなと思いますがこれはただの偶然です。


でもパリは曇りどころか雨の日ばっかで似顔絵を描けない毎日が続いてました。

もうええかなとか思ったりしてました。



しかし最終日にやっと晴れ、俺は似顔絵を描きにいくことにしました。



IMG_4755.JPG


モンマルトルの丘。


パリが芸術の都と言われる理由の1つにこの丘の名前が挙げられる。

19世紀半ばからピカソやゴッホなど俺でも知っているような大物芸術家達が「洗濯船(Le Bateau-Lavoir)」と呼ばれる安アパートに住み、アトリエを構え製作活動を行ったらしいのだ。(wikipediaちょっと参照)



上の写真にあるサン・ドニ聖堂を過ぎちょっと路地を入ると。。



IMG_4774.jpg

いた!!



IMG_4775.JPG

やってる!!



IMG_4784.JPG

芸術家がいっぱいいる!!!



IMG_4787.JPG

自分の似顔絵で客寄せするおっちゃん。





ということでドキドキしながら俺もやってみた。



IMG_4813.JPG

これが俺のヨーロッパ似顔絵の集大成。


『3min Portrait 1€』



うん。

シンプルに収まった。



ドンスベりをしても死なない強いハートの持ち主は、

他の芸術家に紛れて路地を練り歩いた。



すると。



IMG_4795.jpg

キターー!!!



IMG_4793.jpg

IMG_4798.jpg

IMG_4801.jpg


10組くらい立て続けにキターーー!!!




1€と描いているにも関わらず、


1時間そこらで20€!!!!





お。


俺いけてる!!!!




芸術の都パリで俺勝負出来てる!!!!!







だが、



誇り高きパリの芸術家達がそんなうんこを黙って見てるはずなかった。




つづく。




P.S.

これからここを訪れようとしている方は要注意。
まじでひったくりが多い。
子どもにポケットに手を入れられたら「死ね!!」って言って追い払いましょう。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま11位。
毎晩泣いてるんやで。
続きが気になる方はうんこをくりっく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村



posted by おっくん at 15:45| Comment(9) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

ルーブル美術館でボケましょう。


IMG_4426.jpg


皆さんたくさんのご応募ありがとうございました。



今や伝説となったあの1位から、

今現在伝説となっているあの1位の方まで。

みんな面白いボケを放り込んでくれましたね。




特に現在ブログランキング1位独走中の

まずドバイの高級ホテルからの投稿の時点で爆笑です。

ドバイの高級ホテルにいるのにもかかわらず、このブログのためにあんなに長いボケを放り込む時間を費やしてくれているのです。

彼の頭の中はどうなっているんでしょう。



飲みてーな、おい!!




さていろいろ悩みましたが俺なりに答えは出ました。


では行きます。





IMG_4527.jpg



それフラッシュ禁止って意味ですよ。笑




個人的に「へその位置」と悩んだんですが、この発想はなかったわ!!

ルーブルの歴史くらい奥が深いと思います。


一体誰が誰に向っていっているのか?

それすらも考えさせられるレベルの高いボケ。

俺も早くそのレベルに行けるように頑張ります。



みごと受賞したはっち。

東京来たときにルーブルボールペン渡すからな!!!!




さてルーブルボールペンはもう1つあります。

今回は彫刻部門で行きましょう。



と、その前に。

その他の絵画と俺なりのボケをざっとご覧下さい。



あの帽子はワシのじゃ。.JPG


あの帽子はワシのじゃ。



一日3回これを一生やり続けるなんて…。.jpg


1日3回。


待って待って待って!1本ずつあるから!!.JPG


待って待って待って!!ちゃんと1本ずつあるから!!!


はい、おやつ.jpg


じーちゃんが、ばーちゃんに。


ちち放り出すの賛成!!.JPG


ブラジャーまで後ちょっと!!!!


IMG_4531.JPG


でも一休み。




うん。



俺が一番おもんない!!!





ということで彫刻部門です。

もうこのブログはみんなにかかっています。



IMG_4660.jpg


ルーブルの彫刻と言えばミロのビーナス。




しかしいろいろ悩んで厳選に厳選を重ねた結果、


今回のお題はこれでいきます。







IMG_4586.jpg




なにこれ!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま13位。
まだまだいけるで!!
1番面白いボケを書いた方には「ルーブルボールペン」を差し上げます。
みんなどんどんコメント欄におもろいボケ書いていってや!!!
なおボケる際はくりっくしてからお願いします。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 20:21| Comment(31) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

世界一有名な似顔絵


IMG_4465.jpg


これでも似顔絵師の端くれとして世界一有名な似顔絵を拝んできました。


しかしこの場合似顔絵というよりは肖像画と言い直すべきで、世界一有名な肖像画というよりは世界一有名な絵画と言っても過言ではないと思います。



その世界一有名な絵画がある場所は…。



IMG_4340.JPG

『ルーブル!!!』



誰でも1度は聞いたことあると思います。

それにしてもでかい!!!

どっから入るんやろって悩んでたらなんとピラミッドが入り口でした。

某秘密結社の匂いプンプンしますね。



IMG_4388.JPG

中はこんな感じです。

こんな感じの通路が早歩きでも2時間はかかるくらいに永久に続いています。



IMG_4636.JPG

もちろん中は撮影禁止です。

せっかく来たし本にも載せたいからモナ…、じゃなかった、世界一有名な絵画だけでも隠し撮りしてやろうとドキドキしながらカメラを隠し持っていましたが、


IMG_4370.jpg

入った瞬間みんな写真撮りまくり!!!

あのポスターは何やったんやと思いながらきっと管理側も大変なんやろうなって思いながら俺も気合いを入れて堂々とカメラを持ちました。



すると10分くらいたった時、すごく人ごみで溢れ返っている絵があるじゃないですか!!


俺は緊張した面持ちで人ごみをかき分けてその絵を覗き込みました。。。


その時俺が見たものは!!




IMG_4399.JPG


なんやそれ!!!!!


IMG_4400.jpg


誰やお前!!!!!




まぁ冗談はさておき、皆さんお待ちかねのモナ・リ…、じゃなかった!世界一有名な絵画に近づいてきました。


IMG_4447.JPG


今までにないくらい人だかりが出来てます。

そしてもうすでにちょっと見えてます。

というかブログの一番しょっぱなから少し見えてます。


IMG_4636.JPG

NO PHOTOなはずなのに!!!!


そう。



これが。


かの有名な。。



モナ・リ…、

これで時給700円!?.JPG

じゃなかった!!





IMG_4470.jpg


モナ・リザだ!!!!!!




うーん。


すげーぜよ!!


モナ・リザやレオナルド・ダ・ヴィンチについて調べたところいろんな謎が浮き上がってくるのだがその辺は置いといて、率直な感想はやっぱすげーってこと。


ちょっと小さくない?とか、ちょっとあっけなとかも今は置いといてやっぱり率直な感想はやっぱすげーってこと。



だって製作期間4年やで!!

500年間たくさんの人に見られ続けてるんやで!!

ほんでもって保険金50億円やで!!



どうやったらそんな絵が描けるんやろな。

これでも似顔絵師の末端の末端として思うんです。



そしてもう1つ思ったのは、

俺は今までヨーロッパで何をしてきてんってこと。



ピカソもゴッホもダリもモネも。

なんで見やんで旅してたんやってこと。

(ゴッホなんかゴッホミュージアムの横の公園で野宿してたのにな。)



「俺以外のアーティストに興味なし。」

そんな調子乗ったこと言ってたな。

今思うとただお金ないから強がってただけやんな。




さて、話を戻すと俺は「モナ・リザ」という俺でも知っている絵画を見るためにここルーブルに来た。


そしてその目的が叶ってしまった以上、このバカでかいルーブルに何を求めるかって話。



そこで俺はひらめいた。





「絵画でボケようじゃないか。」





そして、




「今回は参加型にしようじゃないか。」




ということで読者のみんなの出番やで!!



まず1つ目のお題はこれ。



IMG_4527.jpg



締め切りは次回の更新まで。

1番面白いボケを書いた方には「ルーブルボールペン」を差し上げます。

みんなどんどんコメント欄におもろいボケ書いていってや!!!

何個書いてもオッケーやで!!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま17位。
まだまだいけるで!!
ボケる際はくりっくしてからお願いします。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村


posted by おっくん at 10:56| Comment(8) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

バイバイロンドン&ジャマイカ


IMG_3001.jpg


お久しぶりです。

みんな俺のこと覚えていますか?

とりあえず俺は生きています。



昨日住み慣れたロンドンとお別れをしパリに着きました。

そして1人になりやっと自分のブログと見つめ合っています。


久しぶりすぎて何から書けばいいのかわかりません。

書きたい気持ちはあるのに何1つ言葉が出てきません。

でもちょっとずつ書いていこうと思います。

この1ヶ月の感謝の気持ちを。



IMG_3114.JPG


ロンドンの毎日は本当に楽しくて、

毎日があっという間に過ぎていきました。


路上はめちゃくちゃおもしろく

いろんな人種の人たちに会えるのにワクワクしたし、


毎週土曜はパーティーに連れて行ってもらって、

ずーっと踊ってたし、


ちょっとずつだけどロンドンに住んでる友達も増えていって、

心の底から俺ロンドンに住みたいって思った。



旅やら本やらうんこやら全て放り出して1からロンドンに住みたい!!

ってな。



でも、

それほどロンドンが面白かった本当の理由を俺は知っている。



IMG_2165.JPG

それがこの2人のワタル。

そしてジャマイカストリート。


そう、

ジャマイカストリートに住んでいる2人のワタルなのだ。



この2人のワタルがいなかったらこんなにロンドンが楽しくなかったと心から思う。



路上で稼いだお金でビールを買って家に帰ることもなかったし、

アンダーグラウンドのパーティーを体験出来ることもなかったし、

あんなに踊ることもなかったし、

友達もゼロだったと思うし、

そもそも住むとこもないし。


ほんまにこの1ヶ月自体が彼らが俺に体験させてくれた1ヶ月だったと心から思う。



それだけじゃない。


なんでも自分でやってしまう2人を見て、

いろんなことを考えたし、

このままではあかんって思ったし、

本当にいろんな刺激を頂いた。


ほんま今まで俺は何をやってきたんやろって自分で自分が情けなくなったこともあった。



そんな面も踏まえて本当に心からありがとうって伝えたかった。


でも、



寝坊!!!



空港までのチケットの日付間違い!!!


でばったばたで家を出てきてしまった。


普通掃除ぐらいするよな俺。


最後の最後まで迷惑かけたな。。



だから、

きっとこのブログを見てくれてると思うから、

ちゃんとここでありがとうって言いたい。



IMG_2755.jpg

まずはこっちのワタル。

いやぁ遊んだな。

なぜかワンダも全部クリアしたし、コウよりも遊んでた時間は長かったかもしれん。(今思い返すとしょうもないことばっかやけどな!)

実の弟と遊んでるような感じがしてほんまに楽しかったわ。

また次会ったときは5倍踊れるやつ持って行くし踊りまくろうや〜。

「すぐどっか行かないで下さいよ〜!」

って言われやんようにするしな。

あと、メンマまじでおいしかったで!!

幻のBBQも必ず実現させような。



IMG_2757.jpg

で、救世主ワタル。

航にはほんまに迷惑かけたな。

部屋も一緒やったし俺まじですぐちらかすし、全くちゃんとしてないから結構ストレスになってたんちゃうかな。

ごめんな。

俺はほんまに航のこと尊敬してる。

なんでもできるしMix作ってるとこなんかほんまにかっこいいなって思って見てたで。

いろんなPARTYも連れて行ってくれてありがとう。

航が回してるところは見れへんだけど次ロンドンに来るときまでの楽しみにしてるからそんときまでにめちゃくちゃビックになっとってな!!

いつもすぐ寝てしまうからあんまり深いことはしゃべられんだけど、

ずっと一緒にいられてほんまによかったと思う。

航を見て感じたことをいつまでも忘れやんと俺も成長出来るように頑張るわな。

ほんまにほんまにありがとう。




その他、

フラットメイトのかじさん、だいちゃんとその彼女。

ロンドンで出会ってくれた全ての人たち。

路上で似顔絵を描かせてくれた人たち。

パーティーで一緒に踊った人たち。




本当にありがとうございました。




みんなのおかげで今なら声を大にして言えます。





『俺はロンドンが大好きや!!!!』





バイバイ!!!!





P.S.
航を紹介してくれたお姉ちゃんのえりかちゃんもありがとう。
えりかちゃんのおかげでほんまに楽しいロンドン生活ができたよ。
あの時の下北での出会いがこんなことになるなんてな。
東京に帰ったらお礼するからまた遊んでな〜。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま12位。
こんなに書かんでこの位置にいれてることに感謝してます。
今までサボった分巻き返すんでくりっく宜しく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村


posted by おっくん at 04:57| Comment(5) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

華のパリで血だらけの俺?



IMG_2848.JPG



バンコクの仲間に見送られ、空港でチェックインを済まし、飛行機に飛び乗ったのが朝の8時50分。(バンコク時間)

そこからデリーで飛行機を乗り換え、パリに到着したのが夜の10時だった。(こっちの時間)


俺は一体、何時間飛行機に乗っていたのだろうか?

それにしてもエアーインディアの機内食けっこういけるやん!!


そんなことを考えながら流れて来たバックパックを担ぎ、

ふとあることに気づく。



『一体どうやってスペインのパンプローナにいけばいいのか?』


俺、

なにも調べてなかったぜ!!!!!

あの暴飲暴食暴ビリヤードが少し悔やまれた。


空港内を何時間も彷徨い、あらゆる人に声をかけ、

出た答えが、

「電車でいったらええやん。」

だった。


「もっと安い行き方あるけどね。」


気持ちよくいかせろや!!

と叫びたくなるような、付け加えなくてもいい言葉を最後の最後に付け加えられたが、俺はその黒人の言葉を信じて国際線がある駅をバスで向かうことにした。


バス停でから駅に向かい、今日はもう電車がないよと言われ、仕方ないから今日はこの駅で寝ようかと思ったその時、俺はまたある事に気づく。


『HDK枕がない!!!』


「HDK枕」とは10日間のタイ旅行(詳しくはこちら→http://unkonisakuhana.seesaa.net/article/211139713.html)というのに完璧なまでの用意をしてきていたHDKが飛行機や長距離バスなどの移動中、必ず首につけていた座っていても寝やすい枕である。



IMG_3625.JPG


これ。(使い方は違うけど)


バスに乗った瞬間、彼はそれを膨らまし(持ち運びが便利なようにいつもはしぼんでいる)、自分の準備の良さを俺に見せつけながら気持ち良さそうに寝るのである。


実は俺はそれを狙っていた。

彼がバンコクを飛び立つ時、いらない旅グッズをくれるんではないかと予想し、常に、しかしごく自然にそれを羨ましそうに見るのをかかさなかった。


洗濯ひも。

洗濯ネット。

ボディーショップのいい匂いのやつ。

日に日にHDKのバックから俺のバックへと移って行く旅グッズ。


しかし「HDK枕」に関してはいつになっても移籍交渉成立にはいたらず、

きっと帰りの飛行機の中で自分の準備の良さを他の乗員に見せつけながら気持ち良さそうに寝るんだなぁ。と諦めるしかなかった。



しかし!!!!!


最後の夜のゴーゴーバーに行ってきた後、HDKはバックパックからあの枕を取り出したのである。


こ、このタイミングで…

もしかして…


くれるのか…?

それともそれで寝るのか…?

明日取り出しやすいようにベスポジに準備するのか…?


俺は欲しいオーラ全快で彼の行動を固唾をのんで見守っていた。


すると。


「おっくんこれいるか??」


えっ!!!!


「準備して来ためっちゃ寝やすい枕いるか!?」


キターーーーーーーーー!!!!



という「HDK枕」がないのである。

きっとバス停で上着を出したときだ!!

俺は急いでバックを背負いバス停へと向かった。

バックが重いため走る事は出来ないが出来る限り全力で早歩きをした。


そのときである。


パキーーン!!!!

という音と共に左足からガラスの破片が飛び散った。

そして、

ザックーーー!!!

という音と共に俺の左足の裏に激痛が走った。


空き瓶を踏んだのである。


『ザックジャパーーーーーーン!!!』


その瞬間、俺はそう大声で叫び、今後のザックジャパンのフォーメーションが頭の中を走馬灯のように駆け巡った。

香川と長友の成長。
本田のフリーキック不振。
遠藤や松井の年齢。
宮市や宇佐見への期待。
川島のどや顔。

色んな面を見越して最高のフォーメーションが出来たはずだった。


しかし俺の左足からはそんな一流サッカー選手達が絶対するわけがないような、ほんまにしょうもない事故により、ガラスが突き刺さり血がボトボト垂れていた。


そして、「HDKとお揃いサンダル」が見るも無惨な姿になっていたのだ。


「HDKとお揃いサンダル」とはという説明はまた長くなるのでやめておくが、

血だらけの足を引きずりながら向かったバス停に「HDK枕」はなかった。


俺は華の都と呼ばれるパリのバス停でiPhone4に続きHDKとの思い出の品が2つもなくなってしまったことにショックを受けつつ、これからのヨーロッパの旅が壮絶な物になるんじゃないかという絶望感に見舞われながら、ボタボタ垂れる血を止血するしかなかった。


そう、


「HDKタオル」で。


「HDKタオル」とはという説明はまた長くなるのでやめておくが一言だけ言っておく。






IMG_2028.JPG




英樹さんごめん!!!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


次回、「宿がなけりゃ牛は追えぬ?」をお送りします。
気になる方だけこちらをくりっく!



posted by おっくん at 23:15| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。