「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年10月20日

さよならエルサレム


IMG_0113.JPG


聖地エルサレムに来てはや2週間。




え!?


2週間!!??


2週間はさすがに居すぎ!!

ということで明日ここを出ることにした。





エルサレムでの2週間はいろんなことがあった。



いろんな宗教の人と出会い、

いろんな人種の人と出会い、

戦争を肌で感じたり、

歴史を勉強したり、

宗教を勉強したり、

youtubeを見て一日だらだらしてみたり、

みんなでダハブゲームをしたり。




でも、


俺がそんなにもいろんなことが出来たのは、

帰って来れる家があったから。


IMG_9229.jpg

イムラヒムじいさんのおうちがあったから。



帰る家があるってのは本当に嬉しいことで、

それにご飯までついてくるなんてことが起こった日にはもう、

それはそれは、

幸せ以上の何ものでもないということなのだ。



イムラヒムじいさんは俺らのことを家族のように迎えてくれた。


ウェルカム!!って言われて宿に入れてもらい、

イート!!って言われてそのままご飯を食べさせられ、

じいさんの生い立ちを聞き、自己紹介をさせられ、

行った国のエピソードを紹介させられてる旅人を、

俺はこの宿で毎日のように見た。


話をしながらニコニコしているじいさんを、

みんなが食べられるよう大きなお鍋で料理をするじいさんを、

俺はこの宿で毎日のように見た。



あぁやっぱり家族っていいもんやな。

そう、全くもって赤の他人であるイスラエルのじいさんから家族の大切さを教えられたのはきっと俺だけじゃないと思う。



IMG_0040.JPG


ある日南アフリカの人が誕生日の日があった。

じいさんはニコニコしながら大きなケーキを持って現れた。


キッズ!!

イート!!!!


しまいには俺らのことをキッズとまで呼び出してしまったじいさんに呼ばれ、

ぞろぞろと旅人がリビングに集まった。


IMG_0044.JPG

IMG_0052.JPG

多国籍!!!


IMG_0047.jpg

バラの花さしてる!!

IMG_0048.JPG

じいさんかわいい!!

IMG_0065.jpg

メガネずれてる!!



うん。

やっぱりこれ家族やん!!





『家族ってのは本当に幸せということ。』

そんな当たり前のことがわかったエルサレム。

俺も日本帰ったらちゃんと家族に「ありがとう」て言おう。



IMG_0063.JPG


『武器は血しか生み出さない。

そんな金があるならそれで国民に飯を食わせてやれ。』


じいさんがある日真剣な眼差しでみんなにそう言った。

(実は有名な平和活動家でいろんな国にパスポートいらずで招待されまくっているらしい。)

だからあんなにイートって言ってくれてたんやな。

じいさんほんまにありがとう。





たぶん、

じいさんみたいな大人が増えたら世界がもっと平和になるんちゃうかな。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ランキングただいま4位。
さぼった分だけ落ちちゃった!!
次回『ヨルダン再び』をお送りします。
巻き返して行くからうんこをくりっく宜しく!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 10:22| Comment(5) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

テルアビブ


IMG_0122.jpg


海へ行って来ました。

イスラエルのテレアビブってところの海です。



波の音を聞いて、

波が行ったり来たりするのを見てました。



するとなぜか急に頭の中が真っ白になった。

いろんなことが怖くなった。

俺は一体何をしてるんだろうって解らなくなった。



でも海は何も教えてくれなかった。

ただ大きく、ただ偉大に、

当たり前のようにそこにいただけ。




そりゃそうか。

俺が勝手に来たんやもん。




最近いろいろあったけど、

少し休んで、

ちゃんと頭を整理してから、

やれることを全力でやってやろうと思った。



おもろいなぁ。ってみんなに言わせれるように。



IMG_0159.JPG


ぜってー負けねーかんなっ!!





P.S.

IMG_0118.jpg

なんと相方がMacユーザーの仲間入り!!!

テレアビブのAppleストアでヘブライ語のキーボードの聖地Mac購入!!!

まんまと俺のプレゼンに負けたんやで〜!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング2位。
明日の朝こそはしっかりブログ更新します。
次回こそ『さよならエルサレム』をお楽しみに。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 20:30| Comment(2) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

潜入ユダヤ人街!!


IMG_9937.JPG


イスラエルにはパレスチナ人とユダヤ人がいるのはすでにブログで書いた。



そしてその中でも今似顔絵のターゲットに絞っているのが、


そうユダヤ人だ。


(一番上の写真は嘆きの壁に集まる3000人を超えるユダヤ人。なんか今日セレモニーやってた!)




「ユダヤ人とはユダヤ教を信仰する人々」という定義は、古代・中世にはあてはまるが、近世以降では、キリスト教に改宗したユダヤ人(例えばフェリックス・メンデルスゾーンやグスタフ・マーラー)も無神論者のユダヤ人(例えばジークムント・フロイト)も一面では「ユダヤ人」と呼ばれるのが現実であり、特に19世紀以降の西欧では、民族を指す言葉と考えた方が良い、という人もいる。
- wikipediaより


というのがユダヤ人の定義。



1 ユダヤ教徒であること

2 母親がユダヤ人であること
この2つの条件のどちらかを満たせていれば誰でもユダヤ人になれるらしい。



男性は黒いスーツにシルクハット(シルクハットの中にもうひとつちっちゃい帽子をかぶってる)にもじゃもじゃのヒゲ、頭のてっぺんは坊主にしてみんなモミアゲを伸ばして巻いている。

女性は黒い衣装をシックに決めてそれ以外は特に特徴はない。




歴史上で彼らほど迫害を受けた人種はいないんじゃないだろうか?

俺もあまり知らなかったけど今回勉強した中でも、

それはそれは世界中の至る所で迫害を受けている。

その中でも一番有名なのがヒトラー率いるナチスによる迫害。

(俺ドイツおったのになんで何も勉強しやんだんやろな…)



キリストを処罰したのがユダヤ教だったという理由や、

頭偉い人やお金稼げる人が多いから迫害を受けていたらしい。




俺自身、

都市伝説の番組や、映画とか見て、

ユダヤ人は怖いってすごい勝手なイメージで思ってた。

すごく残酷な歴史を持つ彼らはとても厳格な人やと勝手に思ってた。

実際カメラを向けて断られた旅人も多く、

いろんなブログを見ても遠いところから撮ってる写真ばかり。

そんな彼らが果たして似顔絵なんか描かしてくれるのか?

てか写真撮るなんてもっての他じゃないのか?

てかそもそも似てなかったらあかんやろ!!




あぁ緊張してきた。

てか怖っ!!



ドキドキしながら新市街で座れる場所を探した。

(新市街に行くと正装をしたユダヤ人がたくさんいて通称「ユダヤ人街」と呼ばれている。)



そして恐る恐るゴザを開き、

恐る恐るリュックを開け、

チビリそうな思いでうんこの紙を出した。

うんこマークの下には翻訳して見よう見まねで書いたヘブライ語の文字。



『あなたの似顔絵描きます。』



よっしゃ!

なるようになれ。



5人描くまで絶対ここからどかんからな!!





ところが。




5秒後、お客さんが止まる。

10秒後、描いてと言われる。

15秒後、お客さんが集まる集まる。


DSC_1941.JPG

後は紙がなくなるまで入れ食い状態!!!

ユダヤ人の入れ食い状態!!!


DSC_1919.JPG

DSC_2100.JPG

DSC_2956.JPG

DSC_2933.JPG


その間、ずっと歴史の世界!!!

みんなかっこ良すぎる!!




ユダヤ人を描いていて言えることがあります。



モミアゲ描きにくっ!てことと、

メガネ率高っ!!てことと、

シルクハットの中のもうひとつちっちゃい帽子ほんまにちぃっちゃ!!てことと、

髭インク使いすぎる!!!てこと。



は、今は置いといて。



あんなけ怖がって緊張していたユダヤ人も、

出会ってみるとやっぱり同じ人間でした。



それよりも思った以上に積極的で社交的で、

これ以上の人種にないくらい人懐っこかった。

世界の路上でも類をみないくらいに人が寄って来る!!

前回の旅で相当苦戦したあのインド人も脅かすくらい!!



DSC_1910.JPG

近過ぎ!!

やっぱり見た目や人種や歴史で人を判断したらあかんってことやな。




最近路上が楽しいです。

すごい刺激を頂いてます。

毎日稼いだお金で生活出来ています。

似顔絵もちょっとずつですが成長して行ってるのがわかります。

なにより相方がいるのがほんま楽しい。




今俺は日本では絶対出来ないようなことをやっている。

世界で誰も真似でけんことを俺は今やっている。



そう噛み締めながら毎日ユダヤ人の笑顔に囲まれています。






ああああーーーーーー!!!!



気持ちええ!!!


DSC_2835.JPG


イスラエルもあと少し。


悔いのないように頑張んで!!



P.S.

ここで日本のみんなに告知!!!!

俺が世界で一番すごいと思っている写真家のりょうさんが帰国後初の写真展を開催します。というかもうしてます!


276757_269555029743499_1787433720_n.jpg

サイトウリョウ写真展 「SYNCHRONICITY」

cafebar FREE FACTORY
東京都世田谷区北沢2−11−2パティオ下北沢3階


場所はなんとあの高橋歩さんプロデュースのcafebar FREE FACTORY!!
りょうさん速攻すげー!!

りょうさんとはインドのゴアで会って1ヶ月間一緒に遊んでもらって。

その間一回もりょうさんカメラ持ってんの見たことない!!って仲。

でも写真見せてもらったら半端ない!!

ほんまに変な人なんやけどほんまにこの人が世界で一番すごいカメラマンやって俺は思います。

りょうさんのめっちゃおもろい人柄も知ってるからかな?


とりあえず日本にいるみんなは要チェックやで!!

特に下北のみなさーーーーん!!



41535_100001228895515_5299157_n.jpg

齋藤亮
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001228895515&sk=wall

Facebook page
http://www.facebook.com/event.php?eid=269555029743499&view=wall¬if_t=event_wall



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング2位。
もっともっといけるいける!!!
次回『さよならエルサレム』をお送りします。
気になる方はうんこをくりっく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 10:29| Comment(12) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

生まれ来る子どもたちのために





丹下紘希さんって知ってる?


Mr.ChildrenやMONKY MAJIKを始めとする大物アーティストのPVを手がける映像作家で「くるみ」や「帚星」なんかはみんなも絶対見たことがあると思う。


2年半ほど前、俺は渋谷を歩いてました。

そしてたまたまTSUTAYAに入った俺にどっかーん!!と衝撃が走ります。




モニターには40本以上の作品を収録した丹下紘希さんの監督作品集、『TANGE KOUKI VIDEO COLLECTION』(トイズファクトリー)が流れていて、その中の1つの作品が俺の足を止めさせ、鳥肌MAX人間になった俺はずっとモニターを見つめていたのでした。




main_1.jpg

これ。(youtubeめっちゃ探したけどなかった!)

火垂るの墓エンディングタイトルバック。




鳥肌が止まらなかった俺はすぐさまDVDを買うことにしました。

しかし鳥肌はまだ止まりません。

仕方なく俺は家に帰って何回も見ることにしました。

すると鳥肌はやっと落ち着いて来たのでした。



丹下紘希さんはこう言います。


「火垂るの墓」が伝える物語の核心は、決して過去の過ぎ去った物語ではなく、世界のどこかで現在もなお続く、戦火の中に身を委ねた子供達の命の重さではないか。 ドラマの中の「昔話」として、ある種ファンタジーとしてエンディングを迎えるのではく、現実の世界へのリンクとして、実際の世界を歩き、撮影した映像で構成しました。(YELLOW BRAIN HPより)



だから今もなお戦時下に置かれている国に自ら行って撮影したらしい。


main_3.jpg

ここ。

パレスチナ自治区とイスラエルを分ける壁。


main_2.jpg

その作品にはパレスチナ自治区に住むたくさんの子どもの笑顔が映っています。


『生まれ来る子どもたちのために』


BANK BANDの歌をバックにパレスチナの壁やお墓や町並みが映り、

その中でたくさんの子どもたちが笑かけてくれます。




今までで見たPVの中で一番温かく、一番やさしく、

一番訴えて来る何かがある映像でした。




うまく言えへんけど。


まぁその作品見て!!





そして昨日その壁に行って来た。

ベツレヘムっていう町までバスで行きバス停から歩く事5分。



IMG_9561.JPG

壁発見。


IMG_9555.JPG

IMG_9594.JPG

IMG_9620.JPG


壁の向こうにはユダヤ人の住居があってパレスチナ人が勝手に入って来ないようにこんな壁があるらしい。


アメリカが作って行ったんじゃぁ。

ってガソリンスタンドのおっちゃんが言ってた。


IMG_9697.jpg

そして俺はここでも路上に座ることにした。



IMG_9704.jpg

でも全く人通らへんだ!!



仕方なく帰ろうと思って道を歩いていると、なんか路地裏に引き寄せられる感じがする。


だからちょーーっち覗いてみると。。



IMG_9708.JPG

いた。


子どもがいっぱいいたーー!!




こう見えて実は保育士だった俺。

2年間の保育士時代は地獄やったけどほんまに子ども大好きやねん。

子どもを見るとほっぺたこすり合わせたくなるし、おしりぷにぷにしたくなるし、だっこして子どもの匂いをスーって吸い込みたくなる。

一緒に走っておもいっきり遊んでご飯食べて昼寝して3時のおやつ食べたくなる。



だから一緒に遊ぶことにした。




さて、


元保育士が送る『世界の子どもたちと仲良くなる方法』とくとご覧下さい。




IMG_9710.jpg

緊張してるのかぎこちない表情の子どもたち。


DSC_2340.jpg

そこで俺は紙を出します。

子どもが多い場合、似顔絵を描くとみんな描かなきゃいけなくなるので折り紙を折ってあげたり、折り方を教えてあげたりするのです。



だけど、


DSC_2353.jpg

子どもが多すぎて収拾がつかなくなった!!


紙を取り合いする子。

何枚も欲しがる子。

あげたのに破いて道に捨てる子。



DSC_2366.JPG

そこで元保育士の俺は。。。



DSC_2372.JPG

キレた。


DSC_2371.JPG

DSC_2368.JPG

DSC_2367.JPG



そっからはもうわけわからん!!!!

IMG_9738.jpg

IMG_9731.jpg

IMG_9770.JPG

IMG_9775.JPG

IMG_9804.jpg

IMG_9800.JPG

IMG_9824.JPG

IMG_9755.jpg

DSC_2400.JPG

DSC_2404.jpg

IMG_9752.jpg


わけわからんことずっとやってた!!



子どもが集まり過ぎてキャーキャー騒ぎまくってたから、

IMG_9825.JPG

IMG_9827.JPG

最後おばちゃんにめっちゃ怒られて終了!!!




はぁ。


保育所でもこんなんして怒られまくったな。





DSC_2233.jpg



壁の向こう側の子どもたちもきっとこんな子どもたちです。

なぜなら壁の中の子どもたちとも遊んで来たから。



大人の勝手な考えだけで子どもたちが一緒に遊べないのはかわいそうだと思う。




『生まれ来る子どもたちのために』

俺らが今出来ることは一体何なんやろか?



IMG_9682.JPG


あぁ。


難しいな。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング2位。
はぁ、緊張して来た!!
今回は写真盛りだくさんになってしまいましたが、
子どもかわいーってなった方だけうんこをくりっく!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村




posted by おっくん at 09:56| Comment(6) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

おっくんでもわかるパレスチナ問題


IMG_9356.JPG


昔々の3000年ぐらい昔、

今のイスラエル(パレスチナ地方と呼びます)にはユダヤ人が住んでいました。

そこに、長い歴史の中で、古代ローマとかオスマン帝国とかが何度も侵略をしてきました。

ユダヤ人達はパレスチナ地方に住むことが出来なくなり、各地に避難しバラバラに生活をするようになります。

オスマントルコの時代、ようやくパレスチナ地区の奪い合いがおさまりアラブ人が住み着くようになりました。
(彼らの子孫をパレスチナ人と呼んでいます)

一方、バラバラになったユダヤ人達は各地で迫害や差別を受け、苦しい生活をしていました。
(ナチスドイツでの大虐殺など)

その流れの中で、ユダヤ人達は自分たちの国だったイスラエルに帰ろうという動きが出て来ます。

その後 第一次世界大戦前までは、かつての自分たちの国であったイスラエルに帰って来たユダヤ人とパレスチナ人達が共存していたのです。

しかし、第一次世界大戦の際、イギリスはアラブ人の協力と交換にパレスチナという国を作るという約束をすると同時に、ユダヤ人の協力も受けたいイギリスはユダヤ人達にイスラエルを建国することを約束しました。

この事件が発端となり、アラブ人、ユダヤ人の間で上の問題を巡って争いがおきます。

そしてイギリスは‥‥。

そして国連が!!

その時エジプトが!!!



という話を屋上でいつもみんなでしています。




今や俺のお兄ちゃん役のやすさんはなんと慶応の法学部出身で、

この宿に泊まっている日本人大学生はなぜか全員偉い大学に通ってて、

他のブログやwikipediaからの引用や、

いろんな専門的な質問が屋上に飛び交っています。




そこに俺。



うんこに咲く花の作者の俺。





もうね。


自分の頭が悪すぎてほんまに情けない。

同じ日本人がしゃべっている言葉が英語に聞こえるあの感覚。




何がなんだか頭が全くついて行かんくて、


気がついたら俺、





ティーばっかり飲んでる!!!!!





はぁ。


俺って一体なんなんやろ?




わからないことがたくさんあります。

あり過ぎて泣きそうです。




そのなかでも一番わからないのは、


なぜそんなに争いが絶えない国で俺はこうして屋上から朝日を眺めているのかということ。



DSC_1812.JPG



その朝日が綺麗すぎるから、

日中遊んだ子どもがかわいすぎるから、

しゃべる人しゃべる人みんなやさしいから、

イブラヒムじいちゃんのご飯が温かすぎるから、



今なおそんな衝突が本当に続いているのかがわからないんです。




勉強に全くついて行けないあほな俺は、

やっぱり路上に座りました。


IMG_9162.JPG


歴史とか宗教とかそんなの関係なく、

ただ人が集まるところに行き、

いつものように路上に座りました。

これが一番早いと思ったんです。





するとそこにはいつもの人がいた。



IMG_9183.JPG


DSC_1941.JPG


DSC_1919.JPG



人懐っこく押し寄せて来る子ども。

真剣なまなざしで見つめる大人。

他の人に嬉しそうに本を見せびらかす人。

ワクワクしながら出来上がりを待つお客さん。

そして似てない似顔絵を描く俺。




今までどんなことが起きてて、

あなたはどこの宗教の人で、

今どこに住んでいて。


そんなこと全く関係なかった。





みんなもさ。


一回何も考えやんとあほになって、

ちゃんと目と目合わせて話し合って、

相手がどうしたら喜ぶかだけを考えて、

お互いありがとうって言えたらそれでええんちゃうん?





俺は頭が悪いからなのか、

こんな世の中変えられるって思ってる。




いやいやそんなの意味ないでって、

世界に発信出来ると本気で思ってる。




だから明日も路上に座ろうと思う。

面と向って目の前の人を思いっきり笑かせてこようと思う。




いつかBorderがなくなって、

いろんな人種やいろんな宗教の人たちが、

俺の周りで笑っているような。




そんなうんこにいろんな花が咲く日を願って。





結局パレスチナ問題はわからんかったけどな!



P.S.

初めらへんの難しいところは全てやすさんに書いてもらいました。
やすさん本当にありがとう。
そして自分のブログぐらいちゃんとせえ俺!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング2位。
うんこ3にはもうちょっと勉強してちゃんとした文章を書くつもりです。
こんなあほな俺やけどええで。って方はうんこをくりっく!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 09:43| Comment(18) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

No border




製作 やす おっくん
in Jerusalem



エルサレムにてユダヤ人街、パレスチナ自治区、旧市街といろんな宗教の人相手に似顔絵を描いています。

笑顔はどこの路上も同じ。

borderなんかいるんやろか?




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング2位。
めっちゃ時間かかりました。
イイネ。の方はうんこをくりっく宜しく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 19:03| Comment(2) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

朝日


DSC_1808.JPG


元気玉は無理でした。



出したか出してないかもわからないくらい、

あっけなくあやむやになってしまいした。




DSC_1623.jpg

こんなことしてたのが嘘のように。




お騒がせした全ての皆さんどうもすみません。

くりっくをしもらっている方はもうご存知と思いますので、

俺のこのブログでは何も書きません。




というか、



1日中考えてたけど何ひとつ思いつかなかった。





あーーーーーーーーーーー!!!



なんだこのモヤモヤ感。




どの言葉を書こうとしてもだめ。





もっともっと頑張れってことなんですかね。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま2位。
いろんな形で応援してくれた方本当にありがとうございました。
これからもおもろいブログ書いて行くんで応援宜しくです!
次回『おっくんでもわかるパレスチナ問題』をお送りします。
只今必死に勉強中です。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村


posted by おっくん at 06:57| Comment(11) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

聖地で作ろう元気玉


DSC_1381.jpg


風邪を引きました。



聖地で!!



DSC_1387.jpg


初めての経験です。


聖地で風邪を引くなんて!!


IMG_9260.JPG

聖地のタクシー!!!




ヨルダン最終日、朝まで飲んだやすさんと俺と麒麟さん(世界一周中の旅人。声がいいから麒麟と呼ばれている。)はそのままエルサレム行きのタクシーに飛び込んだ。


自分の好きな音楽をかけ、俺たちに何かを訴えかけるかけるおっちゃんを尻目に3人ともタクシーに乗るなり爆睡。

(おっちゃんは一体どんな気持ちでお気に入りの曲を聴いていたんだろう。)


1時間後国境に到着。


イスラエルに入るときにスタンプを押されると今後イスラム圏の国になんとかなんとか…。という面倒くさいやり取りをしているやすさんと麒麟さんに着いて行き、なんとかイスラエルに入国。


あとはやすさんと麒麟さんが乗るバスに乗って、

やすさんと麒麟さんが降りる時に起こしてもらい、

やすさんと麒麟さんが乗り換えるバスに乗り換え、

やすさんと麒麟さんがタバコを吸う時にタバコを吸って、

やすさんと麒麟さん様様でここエルサレムの宿に着いた。




IMG_9229.jpg

『イブラヒムさんの家』


その名の通りイブラヒムさんの家がそのまま宿になっていて、ご飯は出るし水は飲み放題(キンキンに冷えた水道水)やしティーは出てでるし夜食は作り放題やし至れり尽くせりやのに、料金はドネーションに任せまっせの宿。


IMG_9026.JPG

イーート!!(食え!!)

とめちゃくちゃ飯を作って、


IMG_9232.JPG

無理矢理食べさせて来るイブラヒムさん。



DSC_1251.JPG

屋上から見える夜景も至れり尽くせり。




やすさん麒麟さんイブラヒモさん本当にありがとう。




しかしそんな聖地で俺は風邪をひいた。

きっとここエルサレムでの日々の疲れが溜まっていたんだと思う。



観光。(見所いっぱい)

似顔絵。(はらたつ子ども多し)

歴史の勉強。(エルサレムの歴史ややこし!)

英会話。(屋上で外国人たちがしゃべってる中になぜか俺)

ブログ更新。(1日の締めくくり)


エルサレムは毎日刺激的すぎて俺の小さな脳みそでは、なかなかついて行けなかったんだ。



そら風邪引くわな。




DSC_1582.JPG


宿にいる全ての旅人が寝静るこっちの時間での午前2時、
俺はそっとパソコンを開き文章を書く。


どう書けば1人でも多くの人が笑ってくれるのか?

どの言い回しをしたら1人でも多くの人が驚いてくれるのか?

どう訴えかければ1人でも多くの人が共感してくれるのか?

どの写真を使えばみんなが感動出来るのか?



毎日くたくたやけど何回も見直して何回も書き直して文章を作る。

そして限界まで考えて自分が持っている全ての言葉を組み合わせて行く。


しかしイブラヒムさんの家はネット環境があまりよくなく更新に3時間ぐらい。

しかも隣の建物から電波を盗んでや方式やからネットをする時は屋上!!



寒さで凍える体を奮い立たせ、

極限状態まで試行錯誤しまくった文章をやっとUPするのである。



なぜそこまでするのか。



散々、俺風邪や言うといて。

寝たらええやんって話やん。




ちゃうねん。


もうちょっとやねん。

世界一周中ランキング1位までもうちょっとやねん。



1位!!

そんなん獲ったことねぇよ!!!まで。




あともう一息で1位になれる。

『1位になるまで日本に帰りません。』

その約束を有言実行できる。




俺、気づいたんやけど、


ブログランキングで俺のブログ見たらINポイントとOUTポイントの比率が他のブログに比べておかしいねん。



OUTポイント(ランキングから俺のブログをくりっくして入るポイント)は他のブログに比べてそこまで多くないのに、

INポイント(みんながくりっくしてくれて入るポイント)は3位になるくらい多い。


なんでやろって考えてアクセス解析ってやつをしてみたら、


圧倒的にブックマークから飛んで来るお客さんが多かった。




それって俺はみんなに応援されてるってことなんかな。



たぶん、

似顔絵を描いた仲間。

地元の仲間。

東京であほなことしてた仲間。

旅先で出会った仲間。

ブログを読んでくれてこれから出会うはずの仲間。


そんなたくさん仲間たちに、



『あいつ元気しとんかな。』

って気にかけてもらってるってことなんかな。


『頑張れ。』

って背中押してもらってるってことなんかな。


『はよ帰って来て飲もうや。』

って待ってもらってるってことなんかな。





違ってたら恥ずかしいけどな!!!





ということで、



皆様用意はいいですか。



ついに1位になるお時間がやって参りました。




ここまで来たら、


みんなで、


俺に関わる全ての仲間たちで、


1位になってやりましょう!!





では行きます。




DSC_1623.jpg


『みんなうんこに力をわけてくれ!!』





1位になるまでこの顔してます。




皆さんどうぞ、

ここ聖地に届くくらいの大きなちからを。




へっくしゅん!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


手をふわっと浮かす感じでうんこをくりっくしたら力が届きます。
さて元気玉が決まるのか、決まらないのか?
次回をお楽しみに!!
俺も書くん楽しみや!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 11:18| Comment(18) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。