「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2011年12月03日

潜入!!フリーメーソングランドロッジ




この記事は一部不適切な表現があったため削除されました。














にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま10位。
信じる人だけうんこをくりっく!!!
次回『耳をすませば』をお送りします。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村


posted by おっくん at 11:59| Comment(3) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

笑ってはいけないアンダーグラウンド2


IMG_1960.JPG


アンダーグラウンドとはこの場合「地下鉄」のことである。


地下鉄にて人を観察してた俺。


そこに30半ばの女の人がやってきた。

そして座った瞬間。

ドーーーーーン!!!って倒れて、

ゴロゴロゴロー!!!って回って、

パッ!!って俺と目が合って、

お互いアレ?って顔で2秒ぐらい見つめ合った。



そして俺は何が起こったのか考えた末、

ついに答えへと辿り着いたのであった。


そうです。

つづきです。

つづきを書かせてしまった皆さん。

責任とってや!!





はっ。

そうか!!

そういうことだったのか!!!



地下鉄全体を見回した俺はあることに気がついた。

地下鉄の席は進行方向が横に来るように伸びており、

6人ぐらいが座れる席が1車両に8つくらいある。


その席の両端には透明のプラスチックのしきりがあり、

そのプラスチックは端の席に座った人の特権なのである。

(現にこのときも俺はそのプラスチックに体を寄せてリラックスしていたし、それにもたれて寝るのが俺は大好きである。)


もちろん席は両端から埋っており、

端の人はこの特権を思う存分使っていた。



しかし、


しかしだ。


その女の人が座った端の席だけ、


プラスッチクのしきりがなかったのだ。


きっとみんなと同じようにあると思い込んでその特権に思いっきりもたれてしまったんだろう。


みんなのしきりが透明というのも悪かったのだと思う。



だから、


ドーーーーーン!!!

ゴロゴロゴロー!!!

パッ!!

ってなったのだ。


恐ろしき特権の効果!!


その推理は次第にその車両にいた人たち全員も気づいたようだった。


前の席のアラブ系の中年夫婦も、

倒れた女の人の前の席の白人女性2人組も、

その車両にいた人たち全員が、


えぇー!?ってびっくりした表情から、

遠くを見つめるような考える表情に変わり、

はっ。とそのトリックに気づいた表情になっていった。


そしてその表情は必ず、

最後は笑いを堪えようとする何とも言えない表情に変わる。


笑いたい。

声を大にして笑いたい。

でも笑ったら女の人に悪い。


どこまでのことをみんなが考えてたのかはわからないが、

みんなまじで何とも言えない顔をして座っていた。


アンダーグラウンドはにらめっこの場と化したのである。



だれかが笑ったらたぶんみんな笑う。

しかし私がその大爆笑の先陣を切ることは許されない。

そんな状態。



しかしそこで俺はもうひとつのあることに気づいてしまった。



それは。。。


あの顔。



お互い「アレ?」って顔で見つめ合った2秒間のあの顔。



俺はあの顔を知っている。

俺はジョーカーをひいてしまったのである。



俺めっちゃ不利やん!!!



あかん。

あの顔はあかん。

もうギブ。

笑ってまう。


と思ったそのときだった。


きゃはははははははきゃーははっは!!


と、笑い出したのは、あの転んだ女の人本人。



「私だけ特権ないやん!!」

そんな感じで笑ってる。



そうなったらもうこっちのもん。

みんな涙堪えて笑う。



もちろん俺も腹を抱えて笑った。

あの顔を思い浮かべて人一倍笑った。



社内全体が笑い始めてから2駅。
(ここで乗車してきた人からしたらなんのことかわからんかったやろな。)

その女の人はまだ笑っていた。

そして立ち上がって車内のみんなに軽く挨拶をし電車から降りようとした。



が!!!


ドアが開いたのは出ようとした逆のドア!!!!


女の人は俺の隣の閉まったドアにドーーーーーン!!!ってぶつかり、



また。



あの顔!!!!!!


あの顔でこっち見たーーーーーー!!!!!




きゃーはっはっはーきゃーははっは!!

女の人の笑い声が響く駅のホームを、

何も知らないアンダーグラウンドは過ぎていくのであった。




そして、俺は遂に辿り着いた。


秘密組織フリーメーソンの本部へと。



つづく。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま6位。
まさかの連続つづきですが気になる人だけうんこをくりっく。
次回「潜入!フリーメーソン本部」をお送りします。
くりっくが少なかったらやっぱりなしです。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 00:50| Comment(3) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

笑ってはいけないアンダーグラウンド


IMG_1959.JPG


俺は電車が好きです。

電車は路上に似ています。


それは知らない人に囲まれているということ。

路上も電車もたくさんの人が自分の視界に入っては消えを繰り返します。

俺はそんな人たちを観察するのが好きなんです。


似顔絵を始めたのもそれがきっかけです。

俺が保育士だった頃、職場から帰ってはスロットに行き、そしてテレビを見て1日が終っていくという毎日でした。

都会に出たら楽しいことが毎日起こると思っていた俺は、
そのただただ同じことをしている毎日に違和感を覚えて行きます。

何のために俺は心斎橋に住んでるんやろ。
何がしたかったんやろ。
そんなことを考えながらまた1日が終わっていきます。


テレビも毎週同じ。
テレビを見ててもしかたない。

そこで俺はひらめきました。

『テレビを見るくらいなら路上で人を見ていよう。』

と!!


路上の方がたくさんのドラマがあるし絶対おもろいに決まってる!!

なんかそんな自信があったんやな。


で、心斎橋の路上に腰を下ろして人を観察し始めた。

ずーっと観察していくうちに俺はあることに気がついた。




『これ、ただの変態やん。』



っと。



路上に座るには理由がいる。

そこで考えた策が似顔絵ってわけ。



だから似てないねん!!


そこからいろいろあって「うんこ」に辿り着き、世界に行くことになり、出版をすることになるんやけどその辺はまた今度。



話を戻すと路上で人を見るって行為はこれ以上にないくらいおもろい遊びってことがわかった。

そしてもう少し話を戻すと俺は人を観察するのが好きってこと。

ほんで最後にもう少し話を戻すと俺は電車が好きってとこまで遡る。


あー長いトンネルやった!!!


電車は路上より知らない人と長くいれることが多い。

その何駅の間に俺はその人の細かいところまで観察し、

どんなことをやってるのかを想像したりする。

あと単純に顔のしわとかを見たりするのも好き。

しわってその人の人格が出るからな。


ということで今日も電車に乗っていた。

こんなけ話を膨らましててなんやけど、

電車で人を観察する行為よりもっと好きなんが電車で寝るって行為やねんけど、

今日は寝ないで人を観察してた。

するとある30半ばの女の人が若い弟と思われる男性を連れて乗車してきた。


そして女の人が席に座った瞬間。


ドーーーーーン!!!って倒れて、

ゴロゴロゴロー!!!って回って、

パッ!!って俺と目が合って、

お互いアレ?って顔で2秒ぐらい見つめ合ってた。



恥ずかしそうに席に戻る女の人。

俺は前のアラブ系の中年夫婦の方を見て何が起こったのか考えた。

中年夫婦も考えているみたいだった。



はっ。


そうか!!


そういうことだったのか!!!




つづく。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


まさか自分でもつづくになると思わんかった!!
長いトンネルのせいや。
今思うとこの物語全くおもしろくないかも!!
それでも気になるって方だけうんこをくりっく!!
くりっくの数によっちゃ書かないもしれません。
いや書かない方がいい。。
つづく目安は500うんこくりっくです。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 12:25| Comment(1) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

極寒の中思うこと2


IMG_2501.JPG


1人になり路上がだいぶ淋しくなってきました。

というかお客さん自体最近きてくれません。

昨日もたった1組。

本当に心も体も凍えそうな感じです。



日本にいるときもそうでしたが冬の路上というのは本当に自分との戦いです。

軽く瞑想みたいな感覚です。

なんでこんなことやってるんやろか?から始まり、

いろんなことを考えながら道行く人を眺めます。

そしてそれは決まってネガティブな考えで、

自分だけがポツリとこの世界に置いてけぼりにされている気分になります。



英語もそこまでしゃべれず、

料理や身の回りのことも出来ず、

安定した仕事もせず、

お金もなく。


昨日はそんな俺の人生をただただ責めてました。



俺はなんで今までちゃんとやって来なかったんだろうか。

ただ自分のやりたいことだけを無我夢中でやってきた結果が、

ここロンドンで淋しく路上に座ってる俺なんじゃないだろうか。

時間は誰にでも平等なのに。



やらなきゃいけないことがたくさんある。

だけどそれをやりきれる肝心の俺がちゃんとしていない。



本当に情けなくて、

自分というものが本当に大嫌いになりました。





そんなときです。



IMG_2576.JPG


ピザをもらいました。

なぜだかわからないけどでっかい入れ物に入った2枚のピザをもらいました。

きっと乞食と間違えられたのか。

そう思っていただきますしました。

するとそのピザはめっちゃくちゃ辛くて食べれるようなものではありませんでした。



なので俺はそのピザを路上で活用することにしました。


IMG_2583.JPG


似顔絵orピザ。

which do you want ?


極限に追いつめられた乞食なりの渾身のギャグです。

もちろん最後には食べるつもりでした。



しかし、

お客さんの反応ゼロ!!!



路上ででっかいピザを持ってるアーティストがいたら絶対おもろいはず!!!

俺はそんな今となってはどこから来たかわからない根拠を胸に1時間ほどピザを持ってました。



すると向こうから大爆笑しながらやってくる人がようやく現れたじゃないですか!!

大爆笑が近づくにつれその人の人相が明らかになって行きます。



「ガーッハッハッハッハーーーーー!!」


右手にはビール。

口から大量のよだれ。

どっから来たのかわからないくらい汚い格好。


正真正銘、これ以上にない本物の乞食でした。


よろけまくりのその足は俺の前で止まり、

彼は満面の笑みを浮かべよだれを飛ばす勢いでこう俺に言ってきました。



「ユーーーハァーヴゥア、ピッツァーー!!!!!!」

「ガーーーーーッハッハッハッハーーーーー」


なんともそのままのつっこみです。

というかもうただの描写です。



だけど彼の大爆笑はいっこうに止まらず、

ただひたすら10分近く俺の目の前で笑っていました。

俺もつられてずっと笑ってました。

そんな2人を通行人が嫌な顔をして通り過ぎていきます。




そして次の瞬間。

なんの挨拶もなしにその乞食は去って行きました。



そう。

俺のピザを持って。




今思うとはっきりわかります。


お前はただピザが欲しかっただけかい!!と。



そして、



あのよだれは本気のよだれやったんや!!と。





そして最後に食べるはずだったピザすらも取られた俺は、

また1人淋しく自分を責めながら道行く人を眺めるのでした。




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


現在ランキング5位。
ただただ路上に座るという日常から、
小さなことを大きく書いて行きます。
それでも見てるよという方だけうんこをくりっく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 02:05| Comment(19) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

ロンドンデート2


IMG_2658.JPG


ロンドンに来てあっという間に2週間が過ぎ、

まぁなんとか生きてます。




おうちは救世主ワタルのおうちに図々しくもまだ居候させてもらい、

1日3時間の路上は50ポンドの売り上げを行くこともたまにあり、

まぁなんとかというか結構いい生活をさせてもらってます。



ただ、

それが日常になってきていてブログに書けるような面白いエピソードがあまりない。



毎日毎日違う土地へ行き、いろんな人の似顔絵を描き、

面白いと思うと思うことをやり続け、いろんな試行錯誤をしながら、

なんとしても1位になってやるとブログを更新していたあの頃とでは、

あまりにも温度差が違うというか、ランキングとかもうええかな。と思っている自分までいる。




「慣れ」とか「安定」とかが嫌で正社員とかにはならず、

自分のやりたいことばっかりやってきたのだが、

ここロンドンで「安定」というものを味わせてまでもらっている。


うん。

人生何が起こるかわからんな。


おもろ。






ということで何も書くことがなかった。


最悪もう1人のワタルくんの影響ではまってしまった『ワンダと巨像』の攻略法を書こうとまで思った。


しかしそんなときある女の子が路上に来てくれた。


IMG_2599.JPG

しおり。

沖縄から来たらしい。



前回「寝てた」で始まり「全然話し聞いてませんから」で幕を閉じたデートをした子である。


「暇すぎた。」

そう一言だけ呟き、彼女は俺の横に座った。



その日から路上の俺の隣にはいつも彼女がいるようになった。



そして昨日、彼女が旅立つことを知り、もう一度ロンドンデートをすることになったのである。




さて。


行きましょう。



うんこオススメのデートプラン第2弾の始まりです。



1時。

駅で待ち合わせをする。


1時半。

お互い30分遅れで合流。

お互いお菓子3つまで持ってくるという約束を破る。


1時40分。

IMG_2596.jpg

馬に会う。


2時。

公園でおしゃべり。


3時。

この日はロンドン自然史博物館に行くとの約束だったが、

そこに向う前になんと!

IMG_2600.JPG

IMG_2603.JPG

IMG_2627.jpg


遊園地発見!!!!

公園のど真ん中やのになんで!とつっこみながらも2人して子どもみたいな顔をして足早に遊園地へ直行。


3時10分。

IMG_2606.JPG

スケートリンクを発見。

値段だけ見よって言って見たら10ポンドもすることがわかり諦めようとする。


3時11分。

本当はここで俺が出したらんなのになって思っているところへエジプト人がやってきて、

「私たちの代わりにこの子らと一緒にスケートをしてあげて欲しい。」とお願いされる。

ソフィとアダンという双子の子。

おもろそうやったから引き受けてチケットを購入する。


3時20分。

IMG_2637.JPG

スケートの時間までがちょうと遊ぶ。


3時半。

IMG_2620.JPG

すごいベタなことをする。


3時45分。

IMG_2642.JPG

いざスケート開始!!

真ん中がソフィで右がアダン。


3時50分。

IMG_2656.JPG


3時55分。

IMG_2657.JPG


4時。

IMG_2667.JPG


4時5分。

IMG_2661.JPG

まじ楽しかった。


4時10分。

ソフィがこける。

滑る前に「これでこの子ら怪我させたらどうする?」って冗談で笑ってたのが本当になりそうになりあせる。


4時15分。

大泣きしながらソフィが係員に運ばれて行く。

滑る前に「これでこの子ら怪我させたらどうする?」って冗談で笑ってたのが本当になってしまいちょっと笑いそうになる。


4時20分。

IMG_2670.JPG

ソフィリタイア。

悔しくて泣いているソフィを見てほんまにかわいそうだがちょっと笑いそうになる。


4時25分。

子どもたちとバイバイしまた滑る。

IMG_2672.JPG

お母さんに写真を撮ってもらうもめちゃくちゃブレる。


4時40分。

IMG_2674.JPG

ロンドン自然史博物館に行こうとしてたのに気づく。


4時50分。

IMG_2676.JPG

鏡の迷路から抜け出せなくなって泣いている女の子を見つけ無事出れるか見届ける。
(最後はインド人の係員が彼女を助けてくれた。)


5時。

IMG_2682.JPG

雪が降ってきた。

と思ったらシャボンの泡。


5時10分。

IMG_2689.JPG

お腹がすき過ぎてマクドに入る。


5時半。

IMG_2691.JPG

ロンドン自然史博物館にやっと到着。


5時50分。

閉館のアナウンスがロンドン自然史博物館に鳴り響き焦る。


6時。

まさかの閉館。

IMG_2705.jpg

焦りながら回っていると恐竜に出会う。

IMG_2696.JPG

恐竜博士になると夢描いてた小学校時代を思い出す。

IMG_2699.JPG

と同時になぜかトリケラトプスが一番好きやったことも思い出す。



6時半。

三越のJCBロンドン支店に行き、彼女のクレジットにキャッシングの機能がついてないという衝撃の事実を知る。


7時。

お酒を買い、「なんとかなるから大丈夫やって。俺見てみ。」と、全く説得力のない言葉で彼女を励ます。


9時。

公園でしゃべる。


12時。

見送って帰宅。





うん。


我ながらやっぱり最低なデートプランやな!!



でもな。


何が言いたいかというと。



「俺、ロンドンで帽子買ったんやで。」

ということではなく。



「その帽子があんまり似合ってないな。」

って話でもなく。




『しおりに会えてほんまによかったで』

ってこと。


相手がお前やったからこんなデートでもずっと笑ってられたんとちゃうかな?



きっと次の町でこのブログを見てくれてると思うから一言だけ。


短い間やったけどほんまに楽しかったな。

まじで会ってくれてありがとうな。

もし困ったら路上に出てみ。

きっと面白いことが起こってなんとかなるから。

ほんでなんとかならんだらいつでも言ってきいや。

俺がなんとかしたるから。


IMG_2481.JPG


うん。

なんとかなりそうや!!




ほなね。

また遊ぼうな〜!!





さて。

明日からまた1人です。



ブログに書けるようなことは起こるんでしょうか。。




あぁ。

彼女欲しい。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ランキングただいま5位。
全然書いてなかったのに下がってなくてびっくり。
皆さんのくりっくが唯一ブログ更新の原動力になってます。
ほんまみんなありがとう。

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 01:54| Comment(21) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

ロンドンデート


IMG_2464.jpg


「私もロンドンです。遊びましょう。」

って数日前ある女の子facebookにメッセージがあったので、あんなに1日最低3時間路上に座るって言うた次の日にその子に会いに行ってきた。



しおり。

沖縄から来たらしい。


セントポールっていう教会で待ち合わせをしたんやけど、俺がちょっと寝坊してしまい20分遅れで駆けつけることになった。

やべっ!!初対面やのに速攻怒らせたかな。。って焦りながら猛ダッシュで俺は待ち合わせ場所に行った。

しかし彼女はそんな俺に何1つ怒ることなく、

それどころか2時間も遅刻してきて、

優しい声でこう言ってくれた。


「寝てた。」



この一言をきっかけに俺の初ロンドンデートが幕を開けた。




俺が考えたデートプランはただ1つ。

『歩こう。』

これだけ。


売店で安いお酒を買ってただひたすら飲みながらロンドンを練り歩くというプラン。

行き先を全く決めず、ただおもしろそうな方向に歩いて行こうという、なんとも計画性のない行き当たりばったりのプランなのである。


このデートに必要なのは、直感。ユーモア。行動力。お酒。

そして必ずしも相手を飽きさせないという会話である。



こんなデート何がおもろいねんって思ってるそこのあなた。

まぁちょっと見てなって!



5時。

IMG_2379.JPG

まず教会のミサに参加し軽い自己紹介と今日1日の2人の安全をお祈りしていざデートスタート。


5時半。

どこの国の人がやってるかわからんような安い酒屋で酒を買い、

「飲みきるまで真っすぐ、飲みきったら曲がる。」

とこれからのルートを決める。


5時40分。

「こっちの方が面白そう!」

とせっかく決めたルートを無視し出すようになる。


6時。

完全にルート無視。

「飲みきるまで真っすぐ、飲みきったら曲がる。」って言葉なんか言ってなかったという雰囲気になってくる。


6時半。

ピカデリーサーカスに到着。

なぜかストリップショーを1分だけ2人で見学。(1分1人2ポンド)


7時。

探しまわっていたフィッシュ&チップスをピカデリーサーカスで一番しょぼそうなお店で頂く。(しかも2人で1つ、5ポンド)


7時半。

M&Mのチョコボールの着ぐるみのやつと写真を撮りたいという彼女の要求に応えるもお酒を持っているのを店員に見つかり追い出される。


7時45分。

持ってたお酒を飲み干してM&Mのチョコボールの着ぐるみのやつ写真を撮ることに成功。

さっきの酒持ち込んでたやつらや!ってM&Mのチョコボールの着ぐるみのやつに思われてたなと思い2人で反省する。


8時半。

IMG_2386.jpg

でっかいライオンに出会う。


10時。

もう一度ピカデリーサーカスらを練り歩き教会へと帰ろうとする。


10時半。

IMG_2388.JPG

道に迷ったことに気づく。


11時。

やっとこさ教会に到着。

IMG_2396.JPG

教会の広場にテントを張ってストを起こしているヒッピー達がちいさいパーティやってたのを見る。


11時半。

IMG_2409.JPG

もうひとつあった友達との約束に向おうとするが、なぜか「一緒に来る?」の一言で彼女もついてくることになる。


0時。

友達と落ち合い、公園でしゃべる。


1時。

いろんな国の友達が公園に集まりだし総勢10人ぐらいに増える。


1時半。

フランス人同士のじゃれあいが次第に喧嘩になりそうになりちょっと焦る。


1時45分。

IMG_2413.jpg

インド人にパンを温めてもらう。


1時50分。

IMG_2412.jpg

インド人ちょっと温め過ぎちゃう?と思ってたらインド人が温めたパンを落とす。


2時。

バスに乗って帰ろうとするも途中までしか行かず、また歩く。


2時半。

IMG_2429.JPG

奇跡のポイントを発見する。

観覧車とビッグベンが一望出来る橋の上で夜景を眺める。


4時。

足が棒になりながら帰宅。






うん。


我ながら最低なデートプランやな!!




でもな。


俺はこのデートが大好きやねん。



確かに金もないし、

それ以上に全く計画性のない、

俺にぴったりのデートやねんけど、



言い訳させてもらうとな、

やっぱり路上が一番おもろいってこと。


どんなことが起きて、

どんなにおいしいものを食べれて、

どんなにオシャレなものを買えて、

どんなに綺麗な場所に行けてって、

想像してしまえるデートプランなんかより、



『何が起こるかわからへん。』

の方が100倍楽しいと思わへん?



たまたましゃべった人と飲むことになったり、

今にも潰れそうなお店が実はうまかったり、

何のためにあるかわからんような置き物に笑ったり、

ストリップショーを1分だけ見るハメになったり。


そっちの方がおもろいと思うねんけどな。




寒いなぁっていいながら空を見上げて飲むビールが結構うまかったりすんねんな。





途中いろんなことを話した。

というか勝手に俺がしゃべりまくってた。

しかもほとんどどうでもええ話。



小学校の時キベケンゴっていう友達がおってな。

高校のサッカー部はこんなやつらばっかでな。

夏の県大会の決勝のときはこんな試合でさ。

ロスタイムでケンポがさ。

うちのばーちゃんがさ。

東京のあほなツレがさ。



ほんまはエスコートしやんなんはずの俺が彼女の方しかみやんとずーとしゃべってた。

しかも一緒にいた10時間くらいずっと!!


だから道に迷うんやろな。



さすがに、

やべっ!!初対面やのに速攻怒らせたかな。。ってちょっと悪い気持ちになった俺は彼女にしゃべってばっかでごめんなって謝った。

しかし彼女はそんな俺に何1つ怒ることなく、

優しい声でこう言ってくれた。



「大丈夫。」

「ほとんど聞いてませんから。」





「寝てた。」から約半日、

この一言をきっかけに俺の初ロンドンデートが幕を閉じた。





うん。



あんなけデートとか言ってましたが実はこれデートでもなんでもありません。

ただブログを見てくれて会いに来てくれたっていうなんでもない1日。




でもロンドンの町並みがイルミネーションで溢れてて、

空がすごい透き通ってて、

寄り添って歩かんなんくらい外は寒くて、

観覧車とビッグベンを一望なんかしちゃったもんやから、



IMG_2390.JPG

IMG_2392.JPG

IMG_2418.JPG

IMG_2441.JPG




ちょっと勘違いしちゃったよな。



2人で旅してたあの頃のことを少し思い出したちゃったよな。






あぁ。



彼女欲しい。





P.S.

こんなデートでもええで!!

って方からの連絡お待ちしてます。

ケンポのその後とかいろいろ話して一緒に飲み歩きましょう。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング3位。
目標がなくなり少しやる気なくなってきてます。
みんなが応援してくれるなら頑張れそうです。
うんこをくりっくで俺にもっともっと刺激を!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 23:36| Comment(4) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

極寒の中思うこと


IMG_2210.JPG


SO COLD !!!!!

という英語を覚えた。



俺は今、びっくりするくらいの寒空の下、

ここロンドンの路上に座って似顔絵を描いている。



本日の気温5℃。

路上に腰を下ろして何時間もじっとするのは自殺行為に近いものがある。


しかし、

それよりももっとびっくりするのが、



温かい国を極力回ってきた結果の、この決して厚着とは思えないジャージ2枚重ねだ!!




寒さでガタガタ震えながら『うんこがちっちゃくCOME!の手段』を繰り返し、
(まだやってる。)

なんとかお客さんが止まったと思っても寒さでペンをにぎる手が全く言うことを聞かない。




だけど、


それとは裏腹に、




本日の売り上げ50ポンド!!!!



ざまーみろってんだ!!!

温かいコーヒー30杯ほど飲んでやろうか!!




ロンドンの路上は日本の路上に似ているところが多々ある。

お客さんの数、くれる代金の大きさ、人のノリ。

そしてこの寒さ。




俺は日本での1月、2月、3月を1日も休むことなく路上に座り続けたことがある。

それは1年だけではなく日本にいる間は毎年。

ガタガタ震え、体中の感覚がなくなり、意識が朦朧とするも、

俺は1日も休まず1日4時間うんこと書いた紙を掲げ続けた。




当然何度も何度もサボりそうになった。

だけど本当に自分のやってることに使命感や誇りを持ち、

俺は一生懸命やっている。

俺はこれに人生をかけている。

と相手の心に訴えかけるためには逆境のときでこそ真剣にやらないといけないと思った。


それが果たして「うんこ」でよかったのかは別としてな。




そしてそういうときにこそ温かいお客さんに出会うのである。



IMG_2243.jpg

この子ら温かいスタバのチョコラテ持ってきてくれた。




今回のロンドンもそれと同様に座り続けようと思った。

1日最低3時間、どんなに寒くても絶対に座りきってやろうと心に決めた。




それがロンドンに住む人たちへの訴えになり、

日本で応援してくれてる人たちへの励みとなり、

泊めてくれているワタルへの感謝になると信じて。




ロンドンの路上はいろんな国から来ている人が本当に多い。

ロンドン人ほんまにいるん?って思いたくなるくらい、いろんな国のいろんな人種の人たちが歩いている。

そして驚くことに毎日俺が出会い、似顔絵を描いている人たちは、

ほとんどの人が学生なのである。

きっとみんな自分の国を離れ、何かでっかい夢を持ってここロンドンに来てるんだと思う。(東京をもっと国際的にしたような感じかな)

そう、みんな必死で生きているのだ。


そんな人たちに負けないためにも、

日本で頑張っているみんなに負けないためにも、


もう無理!!ってなる限界まで俺も負けやんとやってやろうと思う。

絶対ロンドンで生き抜いてやろうと思う。






逆境は逆境になればなるほど自分が成長しているときである。

そのとき手を差し伸べてくれる人々は自分にとって本当に大切な人なのである。


そんなことをわかって欲しくてこのブログを書いたけど、

寒さでちぢこまった俺の脳はうまく言葉を組み立てることが出来なかったみたい。



まぁうんこなりの真面目な文章やったんやなって、

なんとなーく思ってくれたらそれでいいです。





あぁ。



彼女欲しい。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま3位。
ちぢこまった俺の脳みそよ動いてくれ!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村




posted by おっくん at 14:32| Comment(6) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

救世主ワタル


IMG_2054.JPG


泊めてくれる人が見つかった。

ほんま助かった。


彼の名は航くん。

ワタルと読む。




3年程前に下北でたまたま彼のお姉ちゃんの似顔絵を描いた。

そのときお姉ちゃんのえりかちゃんが俺にこう言ってくれた。

「私たちが主催してるイベントで物販しなよ!」

その約束が1年前くらいに叶い、俺はえりかちゃんと再会を果たした。


タイでシェンゲンの存在を知り、ロンドンに逃げなきゃ行けないってなったとき、ちょうどえりかちゃんからmixiでメッセージが来た。


『私の弟がロンドンで住んでるからわからないことがあったら聞いてみれば。』


初めは入国のことを聞くつもりが、

住所まで教えてもらい、

そして今回なんと泊めてもらえることになった。


IMG_5850.JPG


あの時の下北の出会いがこんなとこで彼と繋がるなんてな。

ほんまに出会いって何が起こるかわからんな!!!

えりかちゃんほんまにありがとう。




IMG_2054.JPG

で、ワタルくん。


彼がめっちゃいいやつで、めっちゃやさしいやつで、

そしてめっちゃかっこいいやつやねん!!!!



ここロンドンでDJとしても活躍する彼。

当たり前やけど英語ペラペラやし料理作るんもうまいし、

ほんまにかっこいい。





そんな彼の家のソファーで今は寝ている。

彼の家はフラットと呼ばれるシェアーハウスみたいなところで、5人の日本人が一緒に暮らしています。



IMG_2164.JPG

もう1人のわたるくん(右)とつじちゃん(左)とペペロンチーノ。



ここに来た初日ワタルくんは少し真剣な顔で俺にこう言った。




「ここに泊まる限りは何もしないのだけは止めて欲しい。」


「だから。。。」




「だから頑張って似顔絵して下さい。」



うん。


かっこよすぎるやん。泣







俺は彼の言葉を胸に次の日路上に向いました。


ロンドンでの初路上。

約1ヶ月ぶりの1人での路上。


俺は心臓が飛び出るんじゃないかってくらいドキドキしながら座る場所を探した。


今日は土曜日。

マーケットかな。



IMG_2080.JPG

NOTTING HILL GATE駅を降りてすぐにあるPORTOBELLOのマーケット。

人多いしいけそう!!!!!


IMG_2086.JPG

他にやってるやつ多いし警察も来なさそう!!!!




が!


全然客が来ない。


やっぱりヨーロッパではうんこは厳しいのか。。

と、くじけそうになる俺。



しかしそこで俺はある人の言葉を思い出していた。



「大事なのは、インパクトだ!!」




そこで俺は俺なりの「インパクト客引き」を考えることにした。



そして試行錯誤の末出来上がったのがこの手段だ!!!




IMG_2092.JPG


まず、いつも通りの看板かと思わせて上の方にちょろっと別紙に顔を出させる。

そしてその別紙に何かが書いてあるんだよ。という雰囲気の顔をつくり、

相手をじらすようにゆっくりと別紙を引く。



すると…。




IMG_2094.JPG

COME!


うんこがちっちゃく「COME!」



おっ。



俺のインパクトちっちゃっ!!!





しかしそんな自分でも情けなけなるほどシュールな手段で…。



IMG_2089.jpg

キターーーー!!!!!!

「何これ!」って子どもがうんこを指差してお客さんキターーーー!!!!


しかも気持ち10ポンド!!!!!!!


すごい。

うんこがちっちゃく「COME!」の効果すごっ!!



俺はこの手段を『うんこがちっちゃく「COME!」の手段』と名付けることにした。



IMG_2094.JPG

『うんこがちっちゃく「COME!」の手段』


IMG_2095.jpg

キターーーーー!!!



IMG_2094.JPG

『うんこがちっちゃく「COME!」の手段』!!


IMG_2104.jpg

キターーーーー!!!



って言ってるほど本当は甘くはなく、

1時間に1組程度のお客さんの数。



でも1回の破壊力が半端なく強かった。


1組あたり平均10ポンド。


この日の売り上げ50ポンド。



いっ。

いけるかもしれん。


俺ロンドンで生きていけるかもしれん!!




IMG_2115.JPG

するとそこにワタルくんからのお誘いが。

俺らは路上で待ち合わせをし、

彼に着いて行くことにした。



すると。



IMG_2151.JPG

パーティー会場!!!

ついた先はパーティー会場!!!




初めて誘ってくれた場所がパーティー会場って。。



やっぱ、

かっこよすぎるやん。泣



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま2位。
いつの間にかすんごい放されてる!!
果たして俺は追えるのか追えないのか!!
気になる方だけうんこをくりっく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 12:31| Comment(2) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

俺のばあちゃん


久子.jpg


本日11月11日は久子の誕生日でした。

久子とは俺のばあちゃんの名前。

これでひさこと読みます。



だから2ヶ月振りにスカイプで家に電話をかけました。

いつもどおりの元気な声で電話に出た久子。

いつもどおりの「はい、尾崎でございます。」でした。





11月11日生まれの久子。

俺が初めて銀行のカードを作ってもらった時、久子は暗証番号を『1111』にして帰ってきた。


「私の誕生日やでわかりやすいやろ。」



って誰にでもな!!!


それが久子。





俺が中学校の頃「マトリックス」っていう映画が流行った。

連日連夜流れてるCMを見てずっと見たいなって思ってた。


そんなある日俺んちのリビングの壁にゴキブリが現れた。

立ち上がったのは久子。

「今すぐ殺虫剤をとってき!!」

そう俺に命令をして俺が殺虫剤を差し出すと手加減なしにゴキブリに振りかけた。



「見てみ、もう死ぬから。」

俺の方を向きこれでもかってドヤ顔をしながら親指を立てる久子。

するとゴキブリはバタバタしかけ、最後の力を振り絞って久子向って飛んできた。




どうする久子!!!


固唾を飲んで見守る俺。



すると久子は。。






matrix2006022701.jpg


こうやってよけた!!!




「ばあちゃんそんなに腰曲がるん!!」




matrix_01.jpg


それが久子。





そんな久子に電話をした。


「寛典か。」

「ひさしぶり。」


うちのばあちゃんはほんまにびっくりするくらい元気で、車なんかも乗り回すくらいに若い。

あぁ今も元気なんやなってわかる声が受話器越しに聞こえた。




「ばあちゃん誕生日おめでとう。」


そう言おうとしたけど。




「今どこにおるんや?」


「ちゃんとご飯は食べてんのか?」


「風邪引いてないか?」


「お金はあるんか?」


「振込しやんでええのんか?」



って。



ばあちゃん。


俺もう子どもやないんやで。



そう思いながらもその温かい声に泣きそうになった。




「俺は大丈夫やから。」


「そんなことよりさ。」


「誕生日おめでとうな。」



ドキドキしながらそう言った。



すると。



「あんた、それ言うために電話してきてくれたん?」

「今日が誕生日なん覚えててくれたんや。。。」



って久子泣きそうな声になってる!!!



「こんなわかりやすい誕生日忘れるわけないやん。」


「ありがとうなぁ。」



ばあちゃんの声はどんどん鼻声になっていく。



そして、



「泣かんでええやん!ばあちゃん。」

って俺が言おうとしたそのとき!!!!





『知ってた? 今日は11年11月11日。』

『全部1の日やねんで!!!』



matrix_01.jpg


『な、すごいやろ!!!』







おっ、


お前、



今嘘泣きしようとしてたやろ!!!!!!


ほんで泣かれへんだからごまかそうとしてるやろ!!!!!






うん。



それが久子。



それでこそ俺のばーちゃん。





俺が旅を続けられるのはあなたが元気だからです。





誕生日おめでとうな。





P.S.

「俺世界一周ブログランキングで1位になったんやって。」

そうばあちゃんに伝えたら、

「すごいなー!!」って言って紙に何やらメモしてた。


寛典。

世界一。っと。


ちゃうで!!!!!!

俺世界一じゃないし、そもそもなんの世界一やねん!!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま1位。
でも2位が迫ってきてるよ!!
ばーちゃんおめでとうって一緒に祝ってくれる人だけ
うんこをくりっく!!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 02:24| Comment(7) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

ロンドン初日に起こった悲劇


IMG_1936.JPG


ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取ろうとしたら「ない」と言われました。

そんなわけないやろと思って聞き返す俺。

バゲッジ置き場みたいなところに連れて行かれいくら探しても、



ない。


ない。


俺の鞄がない!!!!



溢れ出る冷や汗。

遠ざかる意識。


だってパソコンとキャッシュカードとお金とパスポート、

いわゆるカメラを抜いた俺の全てがそこに入ってたんやもん。



「ない」じゃないやろ!!



俺は受付にもう一度全てを探すようにキレた。




すると、




あった。


レセプションの陰に隠れてた。




あぁ。

死んだおじいちゃんありがとう。



俺の全てやったんやって。

受付よ、まじで冗談はやめてよな。




びっくりした方すみません。

俺はその2000倍ぐらいびっくりしてたと思って下さい。





さて、


今日俺がどこ行って来たかというと、

ロンドンをほぼ行って来ました。


IMG_1942.jpg

ビッグベン!


IMG_1952.JPG

ウエストミンスター寺院!


IMG_1967.JPG

バッキンガム宮殿!



ネットで調べたロンドンの見所ベスト3を1時間くらいで全部行っちゃった!!

(所詮見所なんてこんなもんやな。)




空港から宿までの地下鉄のチケットを買おうとしたら5£やって言われて、

8£出したら1日乗り放題券買えるのに。。って言われたもんやから、

仕方なく1日券を買った結果が1時間くらいで全部行っちゃった!!という訳です。




だから、

せっかくやしいろんな地下鉄の駅周辺を散策しまくってやろうと思った俺。

今日中にアレを見つけてやろうと思った訳です。


IMG_1994.JPG

IMG_2001.JPG



途中いろんなとこを発見しました。


IMG_1991.JPG

競馬やドックレースやテニスやサッカーにお金をかけれるところ発見!!

(最悪ここで金を稼ごう。)


IMG_2010.JPG

IMG_2007.JPG


大都会の真ん中にたくさんのテントが張ったコミュニティ発見!!


「このコミュニティについて尋ねてはいけません。」

「尋ねるくらいなら混ざりなさい。」

と看板に書いてありました。


IMG_2009.JPG

だから潜入してみた。


すると、


IMG_2012.JPG

温かいスープとパンくれた!!



朝から昨日の機内食で残してたパンとチョコレートしか食ってなかったからまじでめっちゃおいしすぎて、温かすぎてほんまに泣きそうになった。

ほんまなんのコミュニティかわからんだけどありがとう。

テント日本に送らんだらここに住んでたのにな。

(最悪ここで飯食おう。)



IMG_2028.JPG


そして最後の最後に辿り着いた駅でようやく、




発見!!!!!!!!





IMG_2030.JPG

ユニクロ発見!!!!!




そして、




IMG_2032.JPG

我らのジャパニーズクウォリティーきたーーーー!!!




今ここで、


探しまわってたアレってヒートテックのことかい!!!


と思った皆さんはまだまだ甘い。




俺が今日、回った駅は10カ所。

そして手に入れたのはヒートテック2枚と100枚入りのスケッチブック。



そう、俺はまだ諦めていない。



明日からこの極寒の地でジャパニーズクオリティー着て勝負して来ようと思う。

あんなけやめろと念を押されたうんこをしてこようと思う。




場所は、


降りた10カ所の駅の中で一番ノリのよかった駅、


ピカデリーサーカス駅周辺や!!!!


暇な方はどうぞ。





1日かけて探したんやで。

絶対くるなよ、警察!!!!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ただいまランキング1位。
気になるうんこの結果は次回のブログで!!
いける思う方だけうんこをくりっく!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村

posted by おっくん at 10:58| Comment(9) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

どうするロンドン


IMG_1919.JPG


ロンドンに着いた。



さっぁぁーぶぅぅぅーーーーーーーーーー!!!!!


と凍えるほど寒くもなく。



のぉおおじゅゅゅくかぁぁぁぁぁーーーーーーーーー!!!!!


と意気込む程高くない宿のソファに座りながら、



ほっとした気持ちでブログを書いている。




しかし忘れてはいけないのが、


このブログが3£(400円くらい)も出してwifiパスワードを聞いてやっと書けているブログだということだ。




高っ!!!!


やっぱロンドン物価高っ!!




あぁ。


物価の安すぎたカイロが懐かしい。



IMG_1894.JPG


カイロ最終日は前回紹介したお友達の誕生日だった。


そのお友達のかつさんはなんとぷよぷよの連鎖中に28歳の誕生日を迎えた。



ふぁいやー。


あいすすとーむ。


だいあきゅーと。


はっぴーばーすでー!!!



IMG_1907.JPG



そんなお友達に見送られ、次の日俺はロンドン行きの飛行機に飛び乗った。




果たして俺がロンドンに行く意味はあるのだろうか。

そんな想いが頭の中をぐるぐる回る。



高いし、

寒いし、

お金もないし、

宿もない。



そんなマイナスのイメージだけを抱えて飛行機に乗っていた。




でも、俺にはうんこがある!!

きついけどその分頑張って似顔絵を描けばいいのだ!!!



そうなんとか自分を奮い立たせたところで飛行機はロンドンに到着した。


俺はいつものようにパスポートコントロールに行き入国のスタンプを押してもらおうとした。



「なんでロンドンに来たの?」

「観光です。」


「何日いるの?」

「1ヶ月です。」


「お金は持ってるの?」

「はい。」


「帰るチケットはあるの?」

「もちろん!!」



はよスタンプ押せや!!

そう思いながら質問に答える俺。



しかし、



「仕事は何してるの?」

「アーティストです。」


この質問からが長かった。



一体何をしているのか?

どうやって収入を得ているのか?

何のためにロンドンに来たのか?



気づけばパスポートコントロールに俺1人。


かれこれ30分程拘束されてるけど、

俺ってそんなに怪しいのか?



ラチがあかなくなった俺は最終手段で本を出した。


「俺はロンドンにこれをやりに来たんだ!!」


すると看守の目の色が変わった。



そうそう。

わかればいいんだよ。



そう思っていた俺に看守はこう言った。



「お前、似顔絵で金を稼ぎに来たのか?」



やっべっ!!!


すごいやばい展開になってきた!!!



「そ、そんなわけあるか。」

「みーんなタダでやってんだよ。」



苦し紛れにそんなことを言ってみた俺。



「そうかそれなら大丈夫だ。」

「もしお前が金を稼ぐつもりなら入国させることは出来なかった。」

「もしお金を稼いでるところを警察に見つかったらとんでもないことになるからね。」


「だけどしないって約束してくれたなら話は別だ。」

「タダでやっているってレポートに書いとくね。」



えっ?



『ようこそイギリスへ!』


『楽しんで!!』





たぁ。



たぁぁぁ。





楽しめるかーーーーーーーー!!!!!!!!






ということで似顔絵さえ厳しい状況になってしまった俺。



さぁこれからどうするかな。。。



きついぜ、

地球ーーーー!!!!




P.S.

このブログを読んでくれている皆様にお願いです。
誰かロンドン在住のお友達がいる方、俺に紹介して頂けませんか?
そしてよければ泊めて欲しいです。

もちろんタダでとは言いません。
仕事を半分手伝います。
そして似顔絵を描いて、その写真が載った本が出来たときに日本から送らせて頂きます。

こんなことしか出来ませんが、
宜しければお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキングただいま1位。
物価の影響でこれからあまりブログを書けないと思います。
だからこれからは応援してくれてるあなたの
うんこくりっくにかかってるんやで!!

携帯の方もお願いします。
にほんブログ村


posted by おっくん at 21:40| Comment(7) | イギリス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。