「うんこに咲く花」という
とんでもない本の著者と

月灯 -Ghetto- という
とんでもない店のオーナーと

似てない似顔絵師という
とんでもないパフォーマンスを

しているただの変なやつのブログ。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


ブログランキング参戦中。
面白いと思う方だけでいいのでクリックお願いします。




路上出版新刊ついに発売!!
うんこ3.jpg
うんこに咲く花3〜ヨーロッパ・中東編〜 1500円(税込み)

2010年01月14日

さらばINDIA

今朝無事にタイに着きました。

2ヶ月半のINDIA生活。
たくさんのことがあったけど最後に会ったムンバイ人のおかげで、
もう2度とインドには来ないだろうと決意出来ました☆

最後のムンバイ人ありがとう。
そして、

次見つけたらぶっ殺すからな!!


と言う訳でタイです。
というても明日からカンボジアです。
サクラの南京虫さん。
今日一日でいいからおとなしくしててな!!


でもやっぱり常夏のゴアが恋しかったりする。

ある一人のババに会ったことから始まったゴア。
カメラを盗まれ、いろんな人に出会えてなんとか立ち直れた。

ゴアでの似顔絵は150人以上。
その全ての人に出会えて本当に良かった。

またどこかで会える日を願って旅を再会したいと思います。


「俺がおごってやるから今日のPARTYにおいで。」
絶対そんな余裕ないのに最後に誘ってくれたババありがとう。

IMG_1532.JPG

ゴアでの最後の似顔絵があなたで本当によかったです。
posted by おっくん at 17:55| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

指名手配


IMG_2463.JPG

「これなんだ?」
「似顔絵です。」

「いくらだ?」
「先に俺が似顔絵を描いて、それを見てからあなたがお金を決めて下さい。」

「これ仕事なのか?」
「一応これで飯を食ってます。」

そこまでは他のお客さんとなんだ変わりなかった。


2010年1月3日。
やっぱり俺はうんこをしてた。

今年になって初のビーチでの似顔絵。
宿のすぐ隣にあるいつものビーチ。
きっと素敵な出会いがあるに違いないと心躍らせる。

しかし3人目のその男は俺にこう言ったんだ。


「そうか仕事か。」

「じゃあワーキングビザを見せろ。」


!!!!!!

その瞬間、俺は3人の男に囲まれ、
みんな一斉にカードを俺に突きつけた。

『POLICE』

しまった!!


「そんなものあるか。」

カバンの中を全て探られ、本とスケッチブックとパスポートのコピーを取られた俺はそう言った。


「わかってるよな。」
「ビザもないのに無断で働いたらどうなるのかぐらい。」

3人の中の一人が自分に手錠をかけ、牢屋の中に入り、すごい寂しい顔になるんだよ。ってジェスチャーで俺に教えてくる。


「違う!」

「俺は働いてない!!」


そう抵抗するも、警察官は俺を署に連れて行こうとパスポートのコピーをちらつかせ、これさえあれば全てこっちのもんなんだぞ!ってな感じで歩いて行く。

タイへ飛ぶ飛行機のチケットを確保した。
飛行機が飛ぶムンバイまでのバスのチケットも確保した。

だけどここで逃げ出して指名手配にでもなったらそれは全てチャラ。

それどころか抵抗して捕まって牢屋にでも入れられたら俺は一生インドから出られないかもしれない。


じゃあどうする?

賄賂か!?
でも今40ルピー(約80円)しか持ってねー!!

家にいったん金を取りに帰るか!?
でももし家を調べられたらとんでもないものが出てきてしまう!!

色んな事を考えながら警察に着いて行く。


どうする俺!?


その時!!


「そいつは働いてねーよ!!」

その前に描いていたイングランド人が俺らの間に入ってきた。


「そいつはお金なんかかんけーねーよ!!」

「そいつは仕事なんかじゃねー!」

「パッションなんだよ!!」


数分前、確かに俺にお金を払ってくれたはずなのにその男は警察にそう言い放った。


するとそこへ先日描いて30ルピーくれたインド人がやってきた。

「俺もこいつに描いてもらったけどタダだったぜ!!」

「パッションに警察が口出すんじゃねーよ!!」


人ごみは次第に大きくなっていく。

その中には似顔絵を描いた人がたくさんいて俺は泣きそうになってしまった。


『パッション』(情熱)

みんなその単語を言って俺を警察からかくまってくれようとしている。


「でもこいつは確かに俺にお金を決めてくれって言ったんだ!!」

「あれはなんだったんだ!!」

そう言って警察は俺のスケッチブックを砂浜に叩き付けた。



ぱさっ。

するとスケッチブックが開き俺の汚い字で書かれた文章が顔を出した。


『HAPPY NEW YEAR Rs FREE』

IMG_1186.JPG

ほらタダやん!!

みんなが口を揃えていい俺はやっと警察から解放された。



新年くらいタダでやろう。

ニューイヤーパーティーで気持ちよくなった俺がそんなことを思わなければ、
俺は今頃こんな日記を書いていなかったかもしれない。

それどころかすごく暑苦しくて狭い牢屋の中で本当に寂しい顔をしていたのかもしれない。


あの時、助けてくれたみんなほんまにありがとう。

IMG_1280.JPG

IMG_1281.JPG

IMG_1285.JPG

とりあえず、ゴアの似顔絵はここで終了になりそうです。
ある一人のババに会った事で始まったゴアの似顔絵生活は、約200人をもって終了というわけです。

似顔絵を描かせてくれたみんなもありがとう。


てか明日から何しよう?
posted by おっくん at 21:49| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

2010年あけおめ〜 IN GOA

IMG_2470.JPG

明けましておめでとうございます!!

俺はインドのゴアっていうところのPartyで年を越しました。

IMG_0949.JPG

お月様と太陽が同じ形をしていて、
今年は月の時代が来るんじゃないだろうかってみんなで考えたりもしました。

IMG_1100.JPG

IMG_1131.JPG

時間って誰が決めたんやろな。
そう思って少し寂しくもなりました。

でもやっぱり宇宙の繋がりに感謝です。
そしてみんなと出会えた事に感謝です。
ありがとうございます。

2010年。
今年もやっぱり俺はうんこで行くみたいです。
レッドブル飲んで無意識で似顔絵やってる自分がいました。

IMG_1188.JPG

IMG_1165.JPG

今年初めてのお客さんはなんとルナさん。

IMG_1168.JPG

やっぱり今年は月の時代なのか?

今年はどんな人に出会うのか。
みんなとどんなことして遊ぶのか。
どんなけ笑ってどんなけ泣くのか。
そしてどんなことを学ぶのか。

めっちゃ楽しみです。
よっしゃ今年も頑張んで〜!!

とりあえず今年の抱負は、
春過ぎに『うんこに咲く花2』の発売。
『TABIBON企画』の実現。
http://rojyou-p.com/tabibon.com
うんこのもっと普及。
を目標に突っ走って行きます。

というわけでこんな俺ですが、

IMG_0938.JPG

今年もどうか宜しくお願いします。

posted by おっくん at 15:47| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日



24時間のPARTYが終わりまして夢のようなことをいっぱい経験しました。

VIP席にまで招待されて似顔絵描かせてもらいました。

なんかピノキオの鼻みたいなんいっぱい回ってきました。



やけどやっぱり夢やったみたい。

だって1日ええ写真撮りまくったカメラ帰りに盗まれたもん。


いろんな人に励まされたけど、正直立ち直れるかわかりません。



常夏のゴアで、

こんなに負のオーラだしてんのは俺だけなんやろな…


ゆっきんごめんな。

posted by おっくん at 16:06| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

Vipassana5日目『輪廻転生』


CIMG0368.JPG

5日目。
今日が終わってあと半分。

ここまできてこの修行は、『絶対にしゃべってはいけない』から『絶対に動いてはならない』までに発展した。

30分くらいから始まるどないしたらええねんってような足と腰の痛み。
観察なんかのどころじゃない。
そして時間が経つのが死ぬほど遅い。
本当は時計を見る事さえ許されてないのだがこっそり見てみてもさっき見たときから10分くらいしか変わっていない。
こんなに耐えた時間が10分!?
って泣きそうになる。

周りの人をみると相変わらずあぐらをかいている。
この辛さは俺だけなのか?とめちゃくちゃ不安になる。

変えられるのは自分だけ。
だけどこんなどうしようもない自分をほんまに変える事が出来るんだろうか。


この日のテープは『解脱』、『涅槃』についてだった。
たぶんこの日のテープが善い事を言ってくれる最後のテープだったような気がする。

では今日もまたいきましょう。

仏陀は言います。

「生きることは苦痛なのだ。」
「生という事自体苦痛なのだ。」
「私たちは死ぬために生まれるのだから。」

では苦痛とはなんなのか?
仏陀はその原因を『執着』にあるんだと考えました。

自分に起こって欲しい事は起こらない。
自分が手に入れたものはやがて消える。

そこに必ず『執着』といった渇望、欲みたいなのが生まれ、
それがみんなを苦しめてんねんで。と。


そしてその執着がいくつもいくつも積み重ねられ、
やがて『サンカーラ』と呼ばれるでっかい岩みたいになります。

その岩にはその人生で欲し続けた、または恨み続けたものが深く掘られていく。
『吉牛』と。(もうええか)

しかしここからが仏陀のすごい発想。
大どんでん返し。

その『サンカーラ』は本当は種なのです。

どういうことか?

人が死んだときその人が生涯おっかけた執着、『サンカーラ』だけが残ります。
肉体がなくなったとしても『サンカーラ』だけが。

そしてその『サンカーラ』が種となってその上にまた新しい生命が生まれるのだと。

仏陀はこうも言いました。

偶然はない。
全ての結果には必ず原因がある。
全ての実には絶対種がある。
その実は種によってどんなものかもう決まっているんだと。

うーん分かりにくいかも…。

つまりこうです。

人間の人生はもう生まれたときから決まっている。
そしてそれは前世の『サンカーラ』によってすでに決まっている。

つまり前世の行いが全て来世を決定付けているんだと。

分かりやすく言うといちごの種を植えてレモンは出来ない。そんな感じ。

そうやって人は生まれては死に種を残してはそこからまた生まれる。
そしてまた死んでは種を残してはまた生まれる。

そんな永遠と続くサイクルを仏陀は『輪廻転生』と名付けました。

かっこいい〜!!!


人はそのサイクルを持っている限り永遠と苦痛の繰り返しちゃうんやろか?
じゃあこのサイクルを止めるにはどうしたらいいんやろ?

全ての始まりは種から。
じゃあその種を取り除いたらいいんやん!
サンカーラ作らんだらええやん!!

俺天才やん!!
俺絶対神やん!!
これこそ神業やん!!
ちょっとはおもろい事も言うで俺!
もーええか俺笑
という感じで(絶対間違ってるけど)『解脱』が生まれたのでした。

苦悩のサイクルの中からリタイアする。
それが『解脱』
『解脱』して行くところが『涅槃』
間違ってたらすみませんがそれが俺の解釈です。

ではその全ての始まりとなる種『サンカーラ』を作らないためにはどうしたらいいのでしょう?

今まさに皆さんの心の中はサンカーラでいっぱいです。
どんなに俺紳士やで!っていう人でも絶対に。
まずはそれを取り除く事。
『シーラ』を身につけるのが初歩のそれです。
今取り巻いているサンカーラを全て取り除くともっと芯の部分から隠れていたサンカーラが浮き彫りになってきます。

芯の部分に入っていきどんな小さな『サンカーラ』さえ取り除く。
足痛い。
鼻の上かゆい。
背中ムズムズするわ〜。
そんな単位までのサンカーラでさえ。
つまり潜在意識のなかのサンカーラをも取り除く。

そう、それに必要なのがVipassanaなのです。
サンカーラを取り除くにはそれに反応しない事。
つまり無視。
それどころか客観的に観察したりましょう。

そして全てのサンカーラが取れた時、
もう種は出来なくなり『解脱』へと至るのです。


『仏陀はそれに気づきました。
そして自分もその境地に立ち『仏陀』となりました。』

『そして『仏陀』となったその瞬間からある事をしたのでした。
それが仏陀が『神』と呼ばれた理由だったのです。』

おー!!
なんやなんや!?

『1時間で苦しいとか言っていたらダメです。』

『私たちは10ヶ月間動かずしゃべらず空気さえも吸わず母の愛に包まれてこの世に生を受けたのだから。』

そうやな。
ほんで仏陀がしたこと何?

『おやすみなさい。』

言わへんのかい〜!!!
心の中で俺のサンカーラが思いっきり爆発した。


そして6日目、この修行が全て台無しになるとんでもない出来事が起こるのであった。


この続きは2010年春発売予定の『うんこに咲く花2』で!!

乞うご期待!!!

posted by おっくん at 13:27| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

感覚を客観的に観察せよ。


CIMG0385.JPG

4日目。

今までのがアナパマという瞑想法だった事に落ちこみながらも今日も瞑想開始。
午前中は言われた通り意識を鼻の上唇の間に集中させる。
つまり鼻の下に意識を置く。
鼻を気にしている赤鼻のトナカイの様でなんか気持ち悪かった。

そして午後、ついにVipassana瞑想が始まった。

さて問題のVipassana瞑想とは一体何なのか?


Vipassana瞑想とは…。

なんと「自分の体の『感覚』を客観的に観察する。」という瞑想法なのだ!!

…。

なにいうてまんの。

うーむ…。

それを説明するにはまた仏陀の話に戻さなければならない。

今日も合ってるかは曖昧な俺なりのテープの解釈をお届けします。


仏陀が説いたことは昨日話しました。

自分の中に宇宙がある。
全ての物事は必然である。
全ての物事は『アニッチャー』(変化している)である。

そしてその中で妬んだり、恨んだり、争いごとや執着をしても意味がないんだと。


今日はその意味のない事を止めるにはどうしたらいいのかって話。

それがVipassanaやねん。って話。


仏陀は考えました。

全ての怒り、嫉妬、執着、渇望はその原因となるものに精神が反応して起こっているんだと。
それどころか全ての行動は精神から発生するんちゃうやろか?と。

つまり原因に反応した精神が肉体にまた反応し行動が起こるのだ!と。

そしてその精神には顕在意識と潜在意識の2種類があって、
反応の部分は全て潜在意識が占めているじゃないだろうか?
つまりその潜在意識を自分自身でコントロール出来れば全て善い行動になるんじゃないだろうか?

どう考えたらそんなとこまで行くねん!!ってとこまで仏陀は考えました。
(その考えは遂には『輪廻転生』ってとこまで行くのですが)


そのときに仏陀は昔からあったこのVipassana瞑想を用いたのでした。

潜在意識をコントロールするにはまず潜在意識の好きなようにはさせない事。
つまり潜在意識が発する肉体への命令を全て無視したったらええねんってこと。
勝手に俺の肉体動かすなや!!肉体は俺が管理しとんのや!!ていう感じで。

でも潜在意識と呼ばれるような自分では気づかないような意識の、
つまり『無意識』の部分の命令をどうやって感じ取ればいいのか?

それが『観察』なのです。

どんなに自分では気づかないような命令にも全て肉体は反応しています。
その命令を肉体が感じたところをすかさず観察するのです。
それも客観的に。


むずっ!!!

俺なりの簡単な例をあげてみます。

あぐらを長時間かいていると足がしびれてきます。
足がしびれて痛いので肉体は足を伸ばします。
この場合「あぐら」という原因に潜在意識が反応し、肉体をしびれさせます。
そして肉体はその命令に反応して足を伸ばしたのです。

つまりそのしびれを観察するのです。
どんなに痛くてもどんなに不快でもそれを客観的に観察する。
全ては『アニッチャー』、変化しているのだと感じながら。


Vipassana瞑想のやり方は、さっきまで鼻と上唇の間の部分の感覚だけを観察していたのを全身まで広げること。

頭のてっぺんから始まり、顔→右肩→右上腕部→右ひじ→右手の指→左肩→左上腕部→左ひじ→左手の指→のど→胸→お腹→首→背中→腰→右太もも→右ひざ→右ふくらはぎ→右の足の指→左太もも→左ひざ→左ふくらはぎ→左の足の指まで。

つまり体のあらゆる細かい部分まで観察をしていくというものなのです。
肉体にどんな変化が起きようともそれをただ客観的に観察する。
決してそれに反応しない。
全てはアニッチャーなのだから。

そしてこの修行を続け、潜在意識をコントロール出来た時、起こる事はただひとつ。
そう、『解脱』なのです。

『今まで人は周りの出来事や自分の想像ばかり見て生活してきました。
悪い事は全て他人のせいにして、都合の良い妄想ばかりして。
でも本当に変えれるのは自分だけなんですよ。』


そこまで言ってテープは止まった。


『解脱』ってな…ん…や…。

そんなけ言われてあぐらを崩せなくなった俺は、薄れゆく意識の中でそう思った。


『変えれるのは自分だけ。』

でもこんな足の痛さを2時間も客観的に見れるんやろか…




posted by おっくん at 16:50| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

Vipassana3日目『仏陀という人』


CIMG0366.JPG

3日目。
今日終わってもあと1週間。

細胞単位まで集中する。
そんな事が出来るんかと不安を抱きながらあぐらを組む。

全然わからへん。
てか体きつすぎて全然瞑想に集中出来へん。

えっこれ俺だけなんかな!?ってこっそり目を開けて周りを見ると、
みんなしっかりあぐらを組んで座っている。

みんな何考えてるんやろ?
パンニャって一体?
ってめっちゃ不安になった。

しかしそれを続けているとほんの少し心も体も変わって来ているようなそんな気にもなったきた。
というかそういう事にしておいた。


この日のテープは『パンニャ』について。
待ってました!とそれだけのために一日耐えた俺は思った。

『パンニャ』とは一体なんなのか。
それを説明するには、『仏陀』が何を悟って『解脱』『涅槃』に辿り着いたのかを理解しなければならない。


合ってるか合ってないかは曖昧やけど、
俺なりの解釈を簡単に説明します。


『仏陀』
本名ゴータマ・シュッダッタ(たぶん)
人は彼を仏陀(悟りを開いた人)、釈迦、ほとけさんと呼ぶ。
あの大仏のパンチパーマの額になんか付けた人の事(たぶんそれは髪の毛らしい)。


彼は人間ができる精神統一の修行の全てを極めるも、
『解脱』『涅槃』には至らないことに気づいた。


「うーんどうも納得がいかん。」


そしてこの世、宇宙、自然というものに目を向け、探求に探求を重ね、
遂には宇宙は自分の体の中にあるという事に気づく。


「この世の全てはめっちゃ小さい物質が集まってできてるんじゃないやろか?」

「全てはその小さな粒子が、さざ波のように、波動のように集まって、動いてるだけやないやろか?」

「そしてそれは毎回生まれては消えの繰り返しに違いなし!!」

「なむー。」


何千年もあとに学者によって裏付けられた『量子学?』的なものを、
仏陀は自分の体を追求する事によって発見した。

それもただ一人で。


物事は全て『アニッチャー』(変化している)。

全てのものはこの宇宙の法によってすでに決められている。
人間は生まれ、死に、灰になる。
ただそれだけなんだ。

それがこの宇宙の真理にすぎない。

だから何が『私』?『私のもの』?
どれが『あなた』?『あなたのもの』?

だから自我、争い、尊敬、軽蔑、嫌悪、執着そんなものいるんやろか?


自分の体1つでそこまで考えるとかまじでやばい。

俺の瞑想中考えていた牛丼が鼻くそみたいに感じる。


そして仏陀は悟りへと至ったが長くなるから今日はここまでにしとく。


とりあえず『パンニャ』とは知恵を付けよということ。


仏陀が感じた事が自分たちにも分かる日がきっと来る。

その真の知恵を身に付けるのが『パンニャ』なのだ。


それは教典を読んだり人の話を聞いたりせずに、
ただ自分で経験して身につけるという事。

それこそが『バーマナマナパンニャだ!!』(生きた知恵)


そこまでテープはしゃべって最後にこう言った。


「さーて明日からいよいよVipassanaの瞑想に入りますよ。」

「明日の昼までに全身の意識を呼吸をしている鼻の穴と上唇の間にだけに集中出来るようにしておいて下さい。」


そっか。

やっと入るのか。


って今までVipassanaちゃうかったんかい!!!



P.S今日からゴアへ向けて移動なのでこの続きはまた今度。
posted by おっくん at 16:00| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

Vipassana2日目『ダンマとは』


CIMG0360.JPG

2日目もやはり午前4時に鐘が鳴った。
そして支度をして4時半から瞑想開始。
その瞑想が夜の9時まで続くのだ。

2日目の朝すぐさまある事に気づく。
俺の周りの外国人2、3人がいない。
ここはどう考えても刑務所の中みたい。
あいつら、プリズンブレイクしよったなとかなりうらやましかった。

意識を全て呼吸に置く事で瞑想は少しましになった。
課題をこなすという事がこんなにも楽しい事なんだと知った。

それもつかの間、やっぱり心の中のたくさんのものが暴走を始める。

ほんまにこんなことして意味あるんやろか?
てか次の本どないしよ。
プリズンブレイク俺もしたい。
ああ、日本帰って吉牛食いたい。
半熟タマゴに醤油ちょっとかけて牛丼の上にぶちまけたい。
一味もちょっとかけてみよう。

今関係ない事まで次々と出てくる。

あかんあかん!!
呼吸に集中しゃんな!

そんな一日だった。


その日の夜のカセットテープはこんな感じの内容だった。
(早くもこのカセットテープだけが唯一の救いになっていた。)


まずはこの修行のゴールとはなんなのか。
それは『ダンマ』という宇宙の法、自然の法というのを知る事。
そして『解脱』、『涅槃』を目指す事。

うーん難しい。

簡単に俺の中で解釈したことを説明すると、

この世はダンマという一つの秩序のなかで全て成り立っていて、全ての出来事は起こるべきして起こっている。
それが宇宙の流れ(法)というもので、その流れに逆らう事なくただ身を任すのがダンマを知るという事らしい。

そのダンマに行きつくためには『八聖の道』があり、
その8つの道は大きく3つに分類する事が出来るらしい。

シーラ(徳)
サマーディー(精神統一)
パンニャ(知恵)

『シーラ』とは自分が人のために、社会のためになっているかということ。
害を与える事をしてないか。暴力をしてないか。暴言を吐いてないか。
殺生、ドラック、嘘、盗み、淫らな行為もこれにあたる。

このシーラを守った上でやっと次の段階の『サマーディ』を経験出来る事になる。

『サマーディー』とは精神統一するという事。
瞑想で今呼吸に意識を置いているのが一番簡単なサマーディーであり、
それができると次の段階のサマーディーを体験することができる。
そしてサマーディーを完全に身につけるとその次の段階『パンニャ』に到達する。

「パンニャについては明日話をしましょう。」

「明日は次の段階のサマーディー呼吸をしている部分の周りの器官や体の反応に意識を持って瞑想しなさい。」

「体の細胞単位まで集中するのです。」

その日はそう言われてテープは切れた。


パンニャ…。

もう一日だけ頑張ってみるかな?


posted by おっくん at 20:00| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

Vipassana1日目『修行の始まり』

CIMG0359.JPG


朝4時に鐘が鳴り俺らは起こされた。

起きないやつがいないようにスタッフが小さな鐘を持って部屋の周りをうろついている。

4時半ダンマホールという瞑想するためのホールに200人近い人が集まり瞑想開始。
初日はなんの説明もなしに「はい、はじめ。」という感じで始まった。

暗い部屋。
2時間ぶっとうしで続く沈黙。
あるのはインド人のオナラとゲップの音だけ。
(このマナーのかけらもないインド人から何を学べばいいのだろうか?)

きつい。
しゃべらないことはもちろん2時間、目をつぶってただあぐらをかいてじっと座ってる事がこんなにきついとは。
東京で毎日3時間、路上で座ってたのはまた違う。
ここには真っ暗で音もなく一人の笑顔もないのだから。


初日まず思った事は「早く帰りたい。」だった。

中学や高校、大学の入学式。保育士になった時、それに南米に飛んだ時、始めに思ったような「やってしまった。」「もう戻られんねや」という胸のもやもやがずっとあった。

そしてやっぱり食中毒になったゆっきんのこと。
(調子のってチキンの丸焼き食べたせい笑)

体は大丈夫かな?インド人に襲われたりしやへんかな?
誰かに着いて行かんかな?一人で寂しくないかな?
懲りずにまたチキンの丸焼き食べてへんかな?

色んなことがぐるぐる回る。


1日10時間の瞑想時間。

結局この日の瞑想は「帰りたい」を中心に胸の中が不安や嫌悪でいっぱいになってただ同じところをぐるぐるぐるぐる回ってるだけだった。


そして午後7時からのカセットテープ鑑賞。
用意されてあった日本語のテープがゆっくりと俺にしゃべりかけた。

「一日お疲れさまでした。」
「今日一日大変辛かったでしょう。」

「心の中が苦痛でいっぱいで色んな事がぐるぐるとしていたことでしょう。」

「それでいいのです。」

「これは修行なのですから。」


「では心とはなんなのでしょう?」

「私とは一体なんなのでしょう?」


「私たちはそのありのままの真実を10日間、追求していきます。」

「これは皆さんの心の手術なのです。」


「今日は明日一日の課題を1つだけ皆さんに与えます。」

「明日一日、皆さんにはある1つのものだけを瞑想中に観察して頂きます。」

「それは私たちの無意識と意識を繋いでいる架け橋です。」

「そう、『呼吸』です。」

「明日も一日頑張って下さい。」


帰りたいと思い続けていた俺の中に、
悔しくも少しワクワクしてしまった自分がいた。

posted by おっくん at 19:10| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶対にしゃべってはいけない10日間

CIMG0368.JPG

CIMG0387.JPG

CIMG0407.JPG


ぬたーん。


修行から帰ってき参りました。

ゆっきんの誕生日(11月25日)から実に今日まで。

ゆっきんは自分の誕生日に入った日の午前1:00から食中毒になり、
(誕生日やからって調子乗ってチキンの丸焼き頼んだから笑)
それでもその苦しんでる彼女を10日間もほって修行へ行く俺はやっぱり最低な彼氏やとは自分でも感じております。


『修行』

めったに聞かない響きやけど実は俺はこれが2回目。

小学校の時格闘技の漫画にちょっとはまってて、俺も一撃必殺というものを極めたくて山にこもったのが1回目。

木の橋を落ちずに渡る。
かっさんちのベランダから飛ぶ。
なかっちんちの2階に排水溝をつたって侵入する。

とかいくつもの『試練』をクリアしたんやけど結局一撃必殺を出す事は出来なかった。


一撃必殺、『かめはめ波』を。

仙豆も必ず持って行ったのにな…。


って、それは修業のほうか!!笑


ぬたーん。


でも今回は修行の方。
それもかなり真剣の方。

あのブッタが世界中に広めようとしたという修行法。

最終目標は『ダンマ』を身につける事。


4:00〜    起床
4:30〜6:30  瞑想
6:30〜7:15  朝食
7:15〜8:00  休憩
8:00〜9:00  集団瞑想
9:00〜11:00 瞑想
11:00〜12:00 昼飯
12:00〜1:00 休憩
1:00〜2:30  瞑想
2:30:〜3:30  集団瞑想
3:30〜5:00  瞑想
5:00〜5:30 おやつ
5:30〜6:00  休憩
6:00〜7:00  集団瞑想
7:00〜8:30  テープ鑑賞
8:30〜9:00  瞑想
9:00      就寝

タイムスケジュールもこんな感じ。


そしてこの修行の戒律は、


『絶対にしゃべってはいけない。』



さて一体この修行とはなんなのか?
そして俺はブッタから何を学んだのか?

その続きは長くなりそうやから次回!!

そしてその間ゆっきんが一体何してたのかはこちら!!
Blog http://yoyuunoyukichan.seesaa.net


てかIBUのみんな。

こんなん学校で習ったっけ!?



posted by おっくん at 00:17| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

誕生日


IMG_2991.JPG


2009年11月25日。

彼女の誕生日を明後日に控えてます。


「今年の一年早過ぎやろ!なんでや!!」
って昨日叫んでたんはちょっと嬉しかったです。



実は付き合うきっかけは去年の彼女の誕生日に、
何か出来やんかなって作った一個のプレゼントでした。

「知らない人が知らない人を祝いまくるビデオレター。」

おもしろ半分で作ったその動画のせいで今も彼女の隣にいるなんて思ってもいませんでした。


しかも海外やん!!

その時協力してくれた人ありがとうございました。



その誕生日を明後日に控え俺は旅の用意をしています。


10日間彼女のもとを離れます。


今年のプレゼントは「自分の誕生日のその日から10日間一人にされる。」というのです。



ゆっきんごめんな。

体調は優れませんが、10日間、ヴィパサナの修行に行ってきます。


誕生日本当におめでとう。


posted by おっくん at 22:57| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

サルモネラ

インド来て2度目の食中毒。

もう無理やろ!!ってくらいうんこしてる。

(本業のうんこじゃ無いで。)


1ヶ月に2回はきついわ!!

多分あのハンバーガーやねん。


でも怖いから病院はいかんとこ‥。
posted by おっくん at 00:36| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

ガンジス川でバタフライ


やっとUP出来ました。

この動画を作るために1週間死にかけた。





でもやっぱり無茶が好き。

posted by おっくん at 19:06| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

タージ・マハル

バラナシでの闘病生活(映像を撮るためガンガーに飛び込んだせいで)も終え、
インドのアーグラーに来ています。



原因不明の熱と下痢と嘔吐で学んだのは、
『手でおしりを洗うのは案外いい。』
ということでした。


ここまで自分を追い込んで作った映像は、
インドのネット環境が悪いためまた後ほどUPします。

IMG_2436.JPG



アーグラーはとてもいいところで、
チキンのやわらかさ、フルーツラッシーのうまさ、宿のオーナーのおもしろさ。
どれをとっても最高です。



そのなかでもやっぱりアーグラーと言えば、


タージ・マハル。



木に隠れたマハルちゃんが見えるちょっと残念な宿に泊まり、
次の日行ってきました。



持ち物検査をヒヤヒヤしながらクリアし、

こっそり隠していたアイテムを取り出して、



やって来た。

IMG_2781.JPG



今のところの第二弾表紙候補。


自分の写真そっちのけで撮影してくれたゆっきんありがとう。



タージ・マハルはそんときの王様が愛する人のお墓として全部大理石で作ったらしい。

ほんで本当は川の向こう岸に全く一緒の黒バージョンを自分用として作ろうとしていたらしい。


愛ですね。


愛。



でもそのために働かせられた人々はかわいそうですね。


愛。



今週の川柳

『大理石 積ます愛した 人のため』




愛。

posted by おっくん at 20:36| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

マハラジャ



インド、バラナシでの日々が過ぎて行く。

ゆっきんは毎日、泊まっている久美子の家(ゲストハウス)の
おいしいご飯の今日の献立のことばかり考えてる。

IMG_2324.JPG

バラナシはしたいこと、やってみたいことが多すぎて
いつここを出発出来るのかもわからない。


今日も一日が過ぎてしまった。
そんな感じ。



『シヴァ神』

という神がいて、ここバラナシはその神を崇拝してる人が多い。
奉られてるシヴァ神の前であぐらをかきみんなで◯リファナを回す。

IMG_2397.JPG

お前も来い、シヴァ神の力を見せてやる。
そう言ってマ◯ファナが回ってくる。
シヴァ神はマリ◯ァナと破壊の神様らしい。


宗教なのかバラナシでは誰もがマリファ◯を売ってくる。
「はっぱ。」
この言葉がこっちの人らのバイバイにあたる感じ。
「お土産見て行く?」
「いいや、大丈夫。」
…。
「はっぱ。」
「ノーセンキュー。」

こんな感じで使う。


その中でもバンブラッシーっていうラッシーの中に
おもっきりそれが入ってる飲み物があって、

ミディアム
ストロング
マハラジャ

濃さはこの3つの中から選びマハラジャが一番濃いらしい。

マハラジャ。

なんという響きの良さ!!



一昨日、その飲み物を飲んでみた。

IMG_2373.JPG

うわさのラッシー屋は警察署の前に3件くらい並んでた。
そんなんでええの!?ってとこに。
やっぱり宗教で許されている。であって欲しい。


マハラジャと行きたいところやけど怖くなってミディアムから始めることに。

緑と白が混ざり合ったドロドロのラッシーを飲み干した。



1時間後。

俺はゲストハウスに戻ってオーナーの久美子さんの旦那さん(たぶん)の似顔絵を描いていた。


びっくりするほど大きな白いヒゲ。

その一本一本を書いている時にそれは起こった。

なんか違う。

きてる!!きてる!!


IMG_2377.JPG


そこからはあんまり覚えていない。


旦那さんから似顔絵の出来が老けすぎているとさんざん怒られ、
久美子の家ができるための素敵なエピソードを教えてもらい、
なのになんで今年の地球の歩き方に載ってない!
あなたが出版会社に訴えて下さい。とまた怒られた。


のが断片的に残っている。

ほんまにやばい飲み物やった。


マハラジャってどうなるんやろ。。。


posted by おっくん at 17:51| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

インド到着



インドに着いた。

っと言ってももうずいぶん前のように感じる。



今日でちょうど5日目になるけどもっと経ってるんじゃないかと思うのは
やっぱり噂で聞いていたインド人の「しつこさ」のせいじゃないかなと思う。


お前空気読めよ。

ついてくるなよ。

嘘つくなよ。


どれをとっても半端ない!!



インド人。

だけじゃない。


砂ぼこり。

当然のようにいる犬、牛、馬、ニワトリ、ヤギの数。

うるさすぎるクラクション。

どれをとっても半端ないねん!!



ネパールのポカラからバスで24時間。
ブッタが悟りを開いたところブッタガヤに3日間。
そしてまた電車で10時間。(6時間遅れ)
今は聖なるガンガーが流れる街バラナシにいる。


その5日間いろんなことがあったけどどれに対してもまた腹が立ってきそうなので今回はいい思い出の写真だけUPしてちょっと気持ちを落ち着かせようと思う。


IMG_2022.JPG

1年に1回の太陽のお祭り(ブッタガヤ)

IMG_2110.JPG

そこにいた人形

IMG_2127.JPG

宇宙服

IMG_2130.JPG

ビスケットだけでいいです。。

IMG_2158.JPG

祭りの反面こういう風景も。

IMG_2202.JPG

罰当たり。

IMG_2257.JPG

小学校でも。

IMG_2322.JPG

ゆっきん。



ちなみにインドはそこまで暑くない。
posted by おっくん at 20:12| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。